転職すべきでない人の特徴と共通点

転職に向いている人、向いていない人はいるのでしょうか?もし、転職を考えている人は、転職すべきでない人の特徴に当てはまっていないか、確認してみましょう。

転職すべきでない人とは?

転職を考えている人の中で転職をすべきでない人というのは残念ながら一定数います。しかし、これは現状転職が向いていない状態であるということであって、人生の中で転職すべきでないという意味ではありません。転職活動中の人も、これから転職活動を始めるか迷っている人も是非参考にしてみてください。

転職の目的が定かでない人

転職の目的がしっかりと定まっていない人は、転職に失敗する可能性が極めて高くなるため、転職に向いていません。転職活動は一日二日で終わるものではないので、しっかりとした軸をもって活動していくことが重要となります。転職を考える際には、まずどうして転職を行うかや転職を通して何を実現したいのかなど、しっかりとした目的を決めてから転職活動を始めるようにしましょう。

転職はキャリアアップをするための一つの手段でもありますが、一歩間違えれば現状よりも給料面が悪くなったり、納得のいかないような形になる場合もあります。転職の目的がしっかりと定まっていない間は、転職すべきではないでしょう。

参考記事 転職目的を明確にする理由とその方法

自分の市場価値を見誤っている人

自分の思っている自身の市場価値と実際の市場価値にギャップがある人は転職に向いていません。なぜなら、そのような求職者の条件を満たす求人はなかなか見つからなかったり、あったとしても選考を勝ち抜くことが難しいからです。自分を過小評価することも良くありませんが、自分の市場価値を見誤って転職活動を行っても時間を無駄にしてしまうだけです。

自分の市場価値がよくわからないという場合には、転職エージェントなどに相談してみましょう。 ポテリクでは、第二新卒・20代を中心に転職支援サービスを行っています。特に初めての転職活動の場合には、自分の市場価値を適切に把握することは簡単ではありません。是非一度ポテリクの転職エージェントにご相談ください。

他責をする傾向にある人

他責感が強い人の場合、転職先でもなかなか納得がいかず、また転職を考えることになります。なぜなら、転職先でも、自分ではなく環境や会社のせいにして不満を持ってしまうからです。転職活動で、退職理由に他責をあげる人はそれだけでなかなか内定を貰えませんし、貰えても入社後すぐに不満をもってしまう傾向にあります。責任のベクトルを周りではなく自分に向け、一度しっかりと自分自身振り返ってみましょう。

転職で実現したいことに優先順位をつけていない人

転職を通してあれもこれも実現させることは不可能に近いです。そのような求人は残念ながらなかなか見つからないでしょう。転職では、何を大事にするのかに優先順位をつけ、それを軸に応募先の企業を選びます。様々に実現したいことがあるとは思いますが、何を最も大事とするのかを明確にしておきましょう。

さいごに

冒頭でもお話しましたが、転職すべきでない人というのは、気持ちの持ち方や考え方が原因であることがおわかりいただけたと思います。今現在、転職活動を行っている人は今一度自分を振り返ってみましょう。