20代の転職のポイントとは

20代で転職を考える際、他の年代の転職者と比べて何か気を付けることはあるのでしょうか?

社会人をどれだけ経験したのかで変わる

20代といっても社会人を何年経験したかで大きく変わりますので、それぞれの年数別に下記でご紹介します。しかし、どの年代でも変わらない転職を成功させる最も重要なポイントは転職の目的をはっきりとさせることです。自分の中で転職の目的がはっきりとしていない場合、求人を探す際に迷ってしまったり、選考をなかなか通過できなかったりと様々な部分で時間のロスが発生してしまします。まずは、どうして転職するのか、そして何を手に入れるために転職をするのかをはっきりとさせましょう。

社会人1~2年目での転職

この層は第二新卒と呼ばれ、主にポテンシャルをアピールして転職活動を行うことになります。まだあまり大きな仕事を任されていない状況での転職となるので、最低限の社会人スキルややる気、ポテンシャルを中心にアピールすることが転職を成功させる上で重要となります。ただし、現場での実績がある場合には他の第二新卒枠の転職者達と違いをみせるチャンスです。ポテンシャルだけのアピールよりも実績とポテンシャルをアピールすることで、採用担当者は「この会社でも戦力になってくれそうだな」と具体的にイメージすることができます。

社会人3年目での転職

多くの応募先で第二新卒として転職活動を行うことができます。1~2年間の社会人経験をした転職者とは違い、アピールできるような実績を前職で作ることができた人も多いのではないでしょうか。この年代は第二新卒の中でも、経験や実績はあるがまだ現職に染まり切っていないという良い評価を受けやすい傾向にあります。社会人経験が3年以上経つと一般の転職者と一緒に選考を受けるケースが多くなるため、企業によっては第二新卒として選考を進める最後のチャンスかもしれません。転職を考えている場合には、積極的に転職活動を行いましょう。

社会人4年目以降での転職

選考の際に第二新卒扱いをされる場合とされない場合があります。どちらにしても、ポテンシャルだけでなく経験や実績をアピールしつつ転職活動を行う必要があります。30代での転職の場合、ポテンシャル以上に実績などを考慮されてしまいます。若さを武器に転職活動を行う最後のチャンスです。自己分析やキャリアの棚卸を行い、自分にどのようなポテンシャルがあり、どのような実績を持っているのかしっかりと把握してから転職活動を行いましょう。

20代で2回目の転職活動を行う場合

20代で複数の企業を経験するということは、あまり長く一つ一つの会社に在籍していない場合となるため、採用企業側としては「またすぐに辞めてしまうのではないか」と疑念を持つ傾向にあります。そのため、まずはどのようなキャリアプランを描きたいのかを明確にし、その上でどうして今回転職活動を行うかを明確にする必要があります。また、ポテンシャルアピールだけでは中々「定着率の低い人」というイメージを覆すのが難しいので、それぞれの職場での実績や経験を具体的にアピールする必要があります。なぜならすぐに辞められてしまうことは企業的側としてはコスト的に大きなロスとなるため、なるべく避けたいと思っているからです。そのため、転職の回数を重ねるごとに転職を成功させることが難しくなる傾向にあることを頭に入れておきましょう。

20代の転職活動を有利に進めるならポテリク

ポテリクでは20代のポテンシャルのある若手を中心に転職支援サービスを行っております。初めての転職では不安なことも多々あるかと思いますが、是非一度ご連絡ください。二人三脚で一緒に納得のできる転職にしましょう!

【特徴まとめ】ポテリクを利用して転職しよう!