転職目的を明確にする理由とその方法

転職を成功させるために重要なポイントである転職の目的の明確化。どうして重要なのか、そしてどのように目的を明確にすれば良いのかまとめてみました。

なぜ転職の目的を明確化するのか

転職活動の軸となるため

転職活動を行うと、様々な場面で意思決定をしなくてはならない場面に直面します。その決定を下すための判断材料が転職の目的となります。そのため、転職の目的が明確化されていないと、その時の気分や状況によりバラバラの判断をしてしまいます。このような事態を避けるため転職活動の軸を転職毎に設定し、何のために転職をするのかという目的を明確にする必要があるのです。

転職後に納得感を得るため

転職前にしっかりと目的を設定しておくと、転職後に「転職の目的が達成された」という実感が得やすくなり、転職を成功したと認識しやすくなります。転職活動自体は、内定も貰い、それを承諾することで終了します。しかし、転職の目的は内定を貰うことではありません。転職先で自分の選択にしっかりと納得した状態で働くことができるようにすることが大切なのです。

条件の優先順位をつけやすくするため

応募先企業や、複数得た内定から転職先を選ぶ際、優先順位をもって選ぶことが大切になります。例えば、残業は多めだけど年収が高い企業と、残業なしで年収が低い企業から内定を得た場合、転職の目的を年収の高さに設定した人は前者を選び、目的を残業の少なさに設定した人は後者を選ぶことが、転職の目的を果たすための選択です。現実世界の転職では、会社規模や年収、福利厚生、立地など様々な考慮すべき条件が存在しています。そのような中から転職先企業を選ぶ際には目的を設定し、条件の優先順位をつけることが重要となるのです。

転職の目的が曖昧なまま転職活動をすることは危険

転職の目的が曖昧なままだと転職を成功に導くことは難しくなります。まず第一に転職の目的が曖昧な人と明確な人とでは内定率に大きな差が出ます。また、もし内定も貰うことができたとしても、目的が明確化されていないと、転職後にその転職を振り返っても評価がしにくく、言語化されていない不満がたまり、また転職活動を繰り返してしまう場合があります。

目的を明確にする具体的方法

転職を考えたきっかけを書き出す

まずはなぜ転職を考えるきっかけになったのかきっかけを探ります。 よくあげられる例が下記のとおりです。

  • キャリアアップが見込めない
  • 残業が多い
  • 給料が少ない
  • やりがいを感じられる仕事でない
  • 休みがなかなかない

きっかけを解消するための目的を作る

転職を考えたきっかけを深堀りします。ここでは、「なぜそのきっかけがうまれたのか」について考えます。例えば、残業が多いことが転職を考えたきっかけだった場合、残業が少なめの企業や、ワークライフバランスのを重視している企業で頑張ることが目標となるでしょう。

目的をうまく言語化できない場合は

転職の目的をうまく言語化できない場合には、転職エージェントに相談してみましょう。このサイトを運営するポテリクでも、転職活動の第一歩でもある転職の目的を明確化するフェーズから、内定後の条件面の交渉まで一貫して専任のエージェントがサポートさせて頂きます。まずはこちらからご相談ください。電話面談にてサポートさせて頂きます。

目的を達成するために

目的を達成するためには、目的を達成することを軸として転職活動を行うことが一番の近道です。せっかく目的を定めてもそれに沿って転職活動を行わなければ意味はありません。それぞれのフェーズごとに、目的が達成できるかどうかを判断基準に意思決定を行いましょう。

さいごに

目的を持つことは非常に重要です。今現在転職の目的を持たず、なんとなくで転職活動を行っているという人は、これを機に一度立ち止まって自分自身の転職の目的を考えてみましょう。