【転職を成功させる】キャリアの棚卸しの具体的方法

キャリアの棚卸しは、転職だけでなく、自分自身のこれまでの社会人経験を振り返る際に非常に重要なキーとなります。今回は、キャリアの棚卸しの具体的な方法についてまとめましたので、是非参考にしてください。

キャリアの棚卸しとは

キャリアの棚卸しとは、これまでの社会人としての経験を振り返り、整理するということです。日々打ち込んでいる仕事を一度立ち止まって振り返ることにより、どのようなことができるようになったかや、自分自身の心境の変化などを把握できるようになります。 転職活動においては、転職の軸を決めるために準備段階で行いますが、キャリアの棚卸しで得た情報は書類作成や面接、複数企業から内定を得た場合の決断を下すための材料となるなど、長いスパンで役に立ちます。ですから、しっかりと時間をかけて行うことが重要です。

また、直近で転職をする予定がない場合にも、現職で今後どのように仕事に対して取り組んでいくかを含めて今後のキャリアの軸を考えるきっかけになりますので、是非定期的に取り組んでみてください。

キャリアの棚卸しの具体的方法

1.在籍した会社を整理

まずは、これまでに在籍した会社を整理します。ここでチェックしておきたいことは下記のとおりです。

  • 会社概要
  • 会社規模
  • 入社を決めた理由
  • 退社を決めた理由

2.在籍した部署ごとに整理

ここからが本格的なキャリアの棚卸しです。上記で挙げた会社で所属した部署ごとに整理します。下記の質問について、それぞれの部署にあてはめて考えましょう。

  • 部署の規模
  • 会社における部署の役割
  • 配属された理由
  • 自分の役割
  • 得たスキル
  • 実績
  • 楽しかった事・大変だった事
  • やりがいを感じたこと
  • 業務への不満(あれば)
在籍した部署が一つの場合、年単位やプロジェクトごとなどに区切って考えてみましょう。また、途中で昇格等があった場合には、昇格前と後で分けて考えることをおすすめします。

3.記載したことの中から共通点を見つける

それぞれの部署ごとに整理したことから、共通点を探し出します。やりがいや楽しかった事などで共通している部分に関しては、あなたの強みとなるでしょう。一方、不満と感じる部分や大変だったと感じる事に関する共通点は、今後の転職活動において避けるようにすると良いでしょう。

4.応募先企業が決まっている場合には

もし応募したい企業が既に決まっている場合には、その募集要項と自分のキャリアの棚卸しの結果を照らし合わせてみましょう。応募先企業が求めていることに合致するスキルや経験がある場合には、自己PR欄に詳しく記載するなどして、しっかりと自分のキャリアをアピールできるように対策を練りましょう。一方、自分のスキルと応募先企業が求めるスキルに乖離がある場合には、転職にチャレンジすることも良いですが、一度転職活動を始める前に現職でスキルアップをしてから応募することも考えてみましょう。

キャリアの棚卸しが終わったら

キャリアの棚卸しを通して自分の強みや得意なことだけでなく、苦手なことや好きでないことが整理されたと思います。今回整理したキャリアの棚卸しだけでなく、転職の目的や自己分析で得た情報を生かして応募企業を選定すると、内定獲得率もぐっと上がりますし、実際に転職したあとに転職先で充実感を得られるはずです。

キャリアの棚卸しに困ったらポテリクに相談を

このサイトを運営するポテリクでは、キャリアの棚卸しや自己分析の段階から一緒に転職活動をサポートさせていただきます。キャリアの棚卸しが上手くいかず中々転職活動が捗らないという場合には、是非一度ポテリクにご相談ください。