転職活動は何月にスタートすべき?

転職活動を決意しても、自分にとって有利なタイミングで始めたいものですよね。転職活動には、求人掲載数や求人募集をしている人が多いタイミングがあるのでしょうか?

あなたの状況や転職候補先の企業によりけり

企業によっては、通年採用を行っている場合もありますが、基本的に中途採用の場合は企業が新たな人材が必要だと思ったタイミングで募集を掲出するため、何月がベストというものはありません。もし、「この企業に行きたい!」という具体的な希望がある場合は、担当エージェントに希望する企業の採用情報を定期的に貰うようにし、採用開始されたら応募できるよう準備をしておくことが大切になります。

一方で、いま現在勤めている会社の状況も考慮しなくてはなりません。転職を成功させるためには、円満な退職も一つの重要なカギとなります。業務の引継ぎや会社の繁忙期などを加味した場合、何月に転職活動を開始するのがベストとなるのかは、人によって変わってくるでしょう。

求人掲載が多いのはこの期間!

通年で採用を行っている場合もありますが、多くの企業は一定期間のみ求人募集を掲載している場合が多数です。それらが多くなる時期は二つあります。

  • 2 ~ 3月ごろ
  • 9~10月ごろ


2月~3月に求人が多くなる理由は、3月が期末となる企業が多く、来期から入社してもらうことを前提に求人募集を掲載するためです。9月~10月の募集が多くなるのも、半期末が終わったタイミングと9月を期末として設定している企業が新たな戦力を求めて求人を掲載するためです。

一方で、求人が少なくなる傾向にあるのが4月~5月ごろです。これは、2~3月に選考を通過した転職者や3月に学校を卒業した新社会人の多くが4月に入社するためです。とはいえ、全ての企業がこの時期に募集を停止するわけではなく、通年採用を行っている企業やこの時期に求人募集を行う会社もあります。

転職希望者が多い時期は?

求人掲載数も大事ですが、ライバルの数も大事な要素ととらえる人も多いでしょう。一般的に多くの転職希望者は、ボーナスを受け取ってから退職をしようと考える場合や、ボーナスがない状況をきっかけに転職活動を開始する傾向があります。そのため、1月や6月のボーナス支給後に転職希望者が多くなる傾向にあります。

また、お盆休みや正月休みなどの長期休暇を通して転職を決断する人も多いそうです。これは、帰省で両親の状況を把握し同居を考える場合や、旧友との再開をきっかけに転職を考える人がいるためです。

転職は自分にとってのベストタイミングで!

このようにある程度の求人掲載数が多い月や、転職希望者が多い月の傾向はありますが、あくまでもこれは傾向であって、もっとも大切なのはあなたにとってベストタイミングであるかどうかです。

現在、在職している会社の繁忙期の転職活動は避けたいところですし、プライベートの状況や転職先の業界の動向を考慮したうえで、自分にとっての転職のベストタイミングを考えましょう。

また、転職を成功させる秘訣は入念な準備です。自己分析や、キャリアの棚卸し、将来について考えるなど、実際に求人に応募しはじめる前に準備しなくてはいけないことはたくさんあります。ですから、直近で転職を考えているわけではない場合は、転職に向けた準備が完了次第転職活動を始めるという形をとってもよいでしょう。