正社員経験なしから正社員になるには

正社員から正社員に転職する以上に、正社員経験なしの状態から正社員になることはハードルが高くなります。しかし、正社員になるのは不可能ではありません。まずはしっかりと正社員についての知識を深め、対策をしていきましょう。

正社員と他の雇用形態との違い

正社員と他の雇用形態との大きな違いはいくつかあります。まずは、その違いを知りましょう。

雇用期間が無期限

他の雇用形態との最も大きな違いとなります。基本的に、正社員は雇用期間が無期限です。そのため、常に安定しているという安心感をもって仕事に集中することができます。特に日本の場合には、雇用期間が無期限の人に対しての雇用を突然打ち切ることは難しくなっています。勿論、懲戒解雇の場合や、経営破綻等の理由で雇用が終了するというケースもありますが、基本的には働き続けることが保障されているのが正社員という雇用形態になります。

福利厚生を全て受けられる

基本的に会社の福利厚生を全て受けることが可能な雇用形態が正社員雇用です。一部企業では、アルバイトや契約社員に対しては全ての福利厚生の享受を認めていないケースもあります。

給与形態の違い

正社員は月給や年俸制で給与を支払われます。そのため、祝日等で休みが多い月であっても一定の給与を受け取ることが出来きます。一方でアルバイトの場合には、日給や時給換算で給与を支払われるため、5月のゴールデンウイーク等がある月には、月全体で貰える給料が下がってしまうケースもあります。

ボーナスの違い

一部の企業では、賞与(ボーナス)の対象を正社員に絞っている場合があります。賞与の支払い自体は法律で定められているはけではありませんので、雇用形態でこのような違いを作ること自体は違法ではありません。そのため、全ての雇用形態の労働者に対して賞与を支給することを定めている企業は多くはありません。

正社員に求められることを知る

上記で説明した通り、正社員という雇用形態は他の雇用形態と様々な部分で違いがあり、特にメリットの方が多い傾向にあります。つまり、それほど正社員に対しては求められていることが多いということになります。多くの企業で正社員という雇用形態に対して求められることは下記の3つになります。

長期的に働いてくれること

欧米とは違い、日本では正社員に対して教育コストを惜しみません。なぜなら、転職が当たり前になった今でも、日本では長く働いてもうらということを前提としているためです。そのため、企業側としては正社員にはなるべく長く勤めてもらいたいと考えています。つまり、長期的に働いてくれそうな人と簡単に退職をしてしまいそうな人を比べると、簡単に辞めてしまいそうと感じる人の採用を見送る傾向があります。

責任感をもって働いてくれること

上記でも述べた通り、採用企業は正社員が長く働けるよう安定した企業経営をしたいと考えています。しかしそれが可能となるのは、社員一人ひとりがしっかりと成果を出し、会社が安定して経営できることが大前提となります。そのため、正社員には無期で雇用するということを保証する代わりにしっかりと責任感を持って働いて欲しいと感じています。

また、正社員雇用の場合には勤続年数が増えるにつれ、マネジメントポジションを任せられるケースが増えていきます。アルバイト雇用の場合にもマネジメントポジションとしてアルバイトリーダーなどがありますが、正社員の場合には、より大きな組織をまとめることを任せられることもあります。特にマネジメントポジションでは、より多くの責任を背負って業務を行います。そのため、責任感が非常に重要となります。

異動が可能なこと(一部)

一部ポジションでは、異動が可能であることが正社員雇用の条件となっている場合があります。最近では、異動なしの正社員ポジションも増えてきましたが、依然として異動が可能な人材を求めるポジション多くあります。

正社員になるためにアピールしたいこと

長期的に取り組んだ目標

正社員は短いスパンの目標も勿論ですが、長期的なスパンでの目標達成に向けた行動が必要不可欠です。そのため、これまでの人生で長期的な目標を立て、それに向かって努力してきたことがあれば、アピールしたいポイントです。就業経験がない場合には、部活や趣味等で取り組んできたことでも構いません。まずは、自分の人生を振り返り、長期的に頑張ってきたことがないか振り返ってみましょう。

達成できたこと

アルバイト等の経験の中に売上目標等の達成に貢献した経験がある場合には記載すると良いでしょう。特に「前年度売上120%達成」などの具体的な数字を伴った説明は、具体的でより良いアピールに繋がります。

努力してきたこと

資格に向けた勉強等、キャリアアップに繋がるような努力をしている場合には、日頃から向上心をもって生活しているというアピールにつながります。勿論資格を取得できたという結果も大切ですが、どのような目標を立てて勉強に取り組んだのかというプロセスの部分も重要視されます。また、応募段階で取得していなくても、勉強中であるということはアピールに繋がります。

正社員経験なしで正社員になるなら

このサイトを運営するポテリクでは、正社員経験のない方の正社員ポジションへの内定実績も多数あります。特に正社員経験がない状態から正社員になることは簡単ではありません。是非一度、ポテリクにご相談ください。