キャリアチェンジの転職を目指す前に知っておきたいこと

転職理由には様々あると思いますが。その中の一つがキャリアチェンジ。キャリアチェンジは、同業種への転職以上に人生の転機となりやすい傾向があります。もし、キャリアチェンジでお悩みの場合には、是非一度ポテリクにご相談ください。

キャリアチェンジとは

そもそもキャリアチェンジとは、未経験の業種や職種に転職することを指します。そのため、これまでのキャリアで積み重ねた専門的知識をさらにブラッシュアップするというよりも、新しい業務に対して挑戦していく転職となります。

キャリアチェンジに向いている年代

やはり、20代でのキャリアチェンジの転職は成功しやすい傾向にあります。採用側からすると、20代は他の年代と比べて社会人経験が短いけれど、新卒とは違ってビジネスマナーや社会人として最低限の事は知っており、入社後に従事する仕事についての教育だけで即戦力になってくれると考えているためです。また、社会人経験が短いということは、新たな職場環境に馴染みやすく、適応しやすいという側面があるため、キャリアチェンジの転職がしやすい年代となっています。そのため、もし現段階で20代後半の場合には、今後の数年でキャリアチェンジのための転職は難しくなる事を念頭において、なるべく早く決断することをおすすめします。

また、社会人経験3年未満の第二新卒の場合は、多くの企業で中途採用枠とは別で第二新卒枠として募集することが可能となっています。第二新卒の方はそのことも踏まえて転職時期を考えることをおすすめします。
参考記事 企業はなぜ第二新卒を採用するのか 一方30代になるといっきにキャリアチェンジを目的とした転職活動は一気に難易度が増します。やはり、企業側としては、30代以降の年代で入社してくる方にはこれまでの経験を活かして即戦力として企業で活躍してほしいと思っているためです。

キャリアチェンジのリスク

給料が下がる傾向にある

一から新たな仕事にチャレンジするため、どうしても給料が下がってしまうことは避けられません。数年後などの長期的スパンで見ると、現職を超えられるという場合も多々ありますが、最初の数年間は給与面が下がってしまう可能性があるということを受け入れる必要があります。

一から業務を学び直さなくてはならない

これまでの社会人経験の中で得たスキルが生きる場面もありますが、キャリアチェンジをした後には、現職を続ける場合と比べると覚えなくてはならないことが膨大になります。そのため、これまで積み重ねてきたもの全てが活きるキャリアアップ転職とは違い、学ばなければならないことが沢山あるという意識が大切です。転職後には、高い向上心と継続して学習し続ける姿勢が必要となります。

キャリアチェンジするときにアピールしたいこと

向上心や意欲

新たなことを身に着けなくてはならないため、経験者以上の高い意欲や向上心が転職を成功させるためには必要不可欠となります。特にゼロから頑張ったというエピソードは、採用担当者が入社後に活躍するイメージを持ちやすくなるため、そのようなエピソードがある場合には積極的にアピールすると良いでしょう。

数字を伴う結果

転職先で求められているスキルと今自分が持っているスキルが異なる場合には、数字を伴った成果をアピールできることが重要です。特に中途採用の面接では、面接官がそのポジションの上司ということがあります。そのため、現職または前職に対する理解が深くない可能性があります。そのため、数字などの客観的にわかりやすい指標を用いることで、より正確に前職や現職での成果を表すことができます。

キャリアチェンジをするならポテリクで

このサイトを運営するポテリクでは、キャリアチェンジの転職サポート実績が多数あります。まずは一度、ご相談ください。まずは電話面談にて、お話を伺うところからサポートをさせていただきます。