キャリアアップを目指す転職で気を付けたいこと

さらなるキャリアアップを目指した転職活動の場合に気を付けたいことをまとめました。

キャリアアップとは

キャリアアップとは、特定の分野やフィールドにおいて、より専門性を高め技術やスキルの向上を図ることをさします。そのためキャリアアップ転職の場合、転職先の企業でも同じような業務に取り組むことが前提で、さらに高度なことを行うための転職となります。例えば、プレイヤーとしての経験や知識をもとに部下を持ちマネジメントポジションに就きたいということを理由にした転職はキャリアアップ転職であると言えます。

キャリアアップと似た響きで転職業界において使われる言葉にキャリアチェンジという言葉がありますが、こちらはキャリアアップとは全く異なる意味を持ち、今関わっている業務とは全く違う職に転職することをさします。詳しくはこちらをご覧ください。

参考記事 キャリアチェンジの転職を目指す前に知っておきたいこと

キャリアアップ転職をする前に準備したいこと

本当に現職では不可能なことなのか考える

転職は、必ずしも給料がアップしたりするわけではありません。また、多くの時間と費用が必要になってきます。そのため、今の会社で実現可能なのであれば、現在勤めている会社でキャリアアップを目指して頑張るという選択肢もあるはずです。まずはしっかりとリスクを知った上でそれでも転職をしたいのかということを自分自身に問うてみましょう。

キャリアプランを明確にする

5年後、10年後にどのようになっていたいのかを明確にしましょう。キャリアアップの転職活動の場合、短くても数年間は同じフィールドで自分自身のキャリアを磨くために働いていくことになります。長期的にどのようになりたいのかということを念頭において転職活動を行うことで、ブレない軸をもって転職活動を行うことが出来ます。

参考記事 キャリアプランとは

キャリアの棚卸しをする

キャリアアップのための転職の場合には、前職や現職において従事している仕事内容をしっかりと説明できることが求められます。そのため、転職活動前にこれまでのキャリアの中でどのようなことに取り組み、どのような成果を上げることができたのかしっかりと説明できるように準備することが必要となります。特に、取り組んできたことやアピールポイントは応募企業によって選択することが内定率を上げるためには必要となります。そのため、直近だけ振り返るのではなく、自分自身のキャリアを包括的に振り返るようにしましょう。キャリアの棚卸しの詳しい方法についてはこちらをご覧ください。

参考記事 【転職を成功させる】キャリアの棚卸しの具体的方法

優先順位を決めておく

応募企業の取捨選択のためにも転職における優先順位を付けることは非常に重要となります。自分が転職でどのようなことを重視するのかはいくつかあると思いますが、その中でどれが一番なのかしっかりと順位付けをしておきましょう。残念ながら、全ての希望を満たす求人にはなかなか巡り合えませんので、転職活動を始める前にしっかりと順位付けを行い、軸をもって転職活動に臨める態勢を整えましょう。

転職活動を進める際のポイント

応募先企業によってアピールすることを変える

応募するポジションごとの求人や、会社のホームページをよく読み、どのような人材が求められているのかをしっかりと把握し、その企業ごとに一番アピールとなることを選ぶようにしましょう。特にキャリアアップの転職の場合には、その分野について様々なことを経験し、学んできているはずです。しかし、全てをアピールしては長くなってしまうこともありますから、それぞれの企業の求める人材に合わせて自分のアピールを変えていくことが重要となります。

誰かに相談してみる

転職は人生にとって一大イベントです。そのため、自分一人で行うのでなく、誰かに相談して客観的意見を取り入れることも時には重要です。家族や友人などに話しを聞いてみると良いでしょう。

さいごに

キャリアアップの転職の場合には、これまでのキャリアを活かして転職を行うため、しっかりとキャリアの棚卸をすることが重要です。また一つも実績がないままの転職活動は、採用側としては入社後に活躍してくれるビジョンが浮かばず、内定をもらいにくくなってしまうこともあります。まずはしっかりとそのことを理解して、転職活動に取り組むようにしましょう。