第二新卒の転職失敗例3選

少し前までは「最低限3年間勤めてから転職活動を考えろ」なんていう風潮もありましたが、最近では第二新卒という言葉も浸透し、積極的に第二新卒を採用する企業も増えています。第二新卒が転職したい理由は様々ですが、転職を失敗してしまったと感じる人はどのような失敗をしたのでしょうか?

失敗1:退職理由が他人や環境のせいである

この場合、採用担当者は入社後に何か不満を感じたらすぐに辞めてしまうのではないかと不安になります。勿論、ブラック企業などのあからさまに職場環境の悪い場合もありますが、自身でその会社に入社することを決断したことも事実です。このような退職理由の場合、内定まで辿り着きにくくなるだけでなく、たとえ入社が決まってもまた同じように転職を考えるといった失敗をしてしまう恐れがあります。

失敗2:新卒と同じ方法で転職活動をしている

履歴書や自己PRの文章を新卒の就職活動で使用したものと全く同じものを利用していませんか?在籍期間の長さは人それぞれでしょうが、採用担当者は新卒ではなく、転職者としてあなたの採用を検討しています。社会人として得たスキルや経験を反映し、文章をアップデートしたうえで転職活動に望みましょう。

参考記事 第二新卒の自己PRの書き方

また、新卒採用の場合は基本的に全員が社会人を経験していない状態で就職活動を行いますが、転職活動の場合には、第二新卒枠の募集であってもライバルにその業務の経験者が含まれている可能性もあります。未経験の分野に進みたい場合は経験に負けないようなアピールを、経験職の場合は他の応募者に劣らないようなスキルや実績をアピールするようにしましょう。

参考記事 キャリアチェンジの転職を目指す前に知っておきたいことキャリアアップを目指す転職で気を付けたいこと

失敗3:退職してから転職活動をはじめる

転職活動は、いつ内定がもらえるかも確定していませんので、退職してしまった場合は貯蓄を切り崩しながら転職活動を行うことになります。貯蓄が底をつきそうだからと妥協して会社を選んでも、その会社に転職したことを後悔することになるでしょう。特に、第二新卒の場合は他の年代と比べて貯金額は少ないでしょうから、退職せずに働きながらの転職活動をしましょう。

参考記事 転職に必要な費用とその内訳は?

第二新卒が転職を失敗しないためには?

上記のような失敗を避けるためには、まずは第二新卒の市場価値を理解しておきましょう。採用企業側としては、第二新卒を採用する理由として新卒とほぼ変わらない年齢だが、新卒とは違い最低限のビジネススキルを持っているからということがあげられます。ですから、どの企業や業界でも必須のビジネスマナーやスキルを一から教えなくてすみますし、前職での経験が浅いので新たな職場でも環境に馴染むのに比較的時間がかからないと企業側は考えています。

参考記事 企業はなぜ第二新卒を採用するのか

このように、第二新卒に対しては、中途採用と違い難しいスキルや大きな実績のアピールを求めているわけではないのです。とはいえ、新卒と同じようなやり方では納得のいく内定は得られないでしょう。まずは、自己分析や今後のスケジュールを決めるなど入念な準備をしてから転職活動を開始するようにしましょう。