大手企業への転職方法

今現在中小企業で働いている方のなかには大企業への転職を希望されている方も多いのではないのでしょうか?応募数を増やして一つでも当たればいいなというような方法で大手企業から内定を得るという戦法もありますが、ここではもう少し具体的な方法をお話しします。

まずは大手企業に「なぜ」入りたいのかをもう一度考える

大手企業に入ることを転職のゴールとしていませんか?転職は転職先の企業から内定を得たら終わりという考え方では、入社後に後悔する可能性が高くなります。大手企業に入社することを転職の目的とするのではなく、転職先の大手企業で何をしたいのか、どのようなキャリアを築きたいのか今一度考えて目的化しましょう。

参考記事 転職目的を明確にする理由とその方法

中小企業よりも給与面や福利厚生面が充実している傾向にある大手企業ですが、仕事内容に対してやりがいを感じていない状態が続くと、なかなか転職先で長続きしないものです。 まずは、自分がどうして大手企業に転職したいのか、その中で何を成し遂げたいのかを明確にしましょう。

自分の入社したい企業の求めている人材像を確認する

大手企業に入社したい人は多いのですが、実は日本で大手企業という枠組みに分類される企業はたったの0.3%しかありません。つまり、大企業から内定を得るということはたいへん狭き門なのです。
参考:中小企業庁「 2019年版中小企業白書 全体版」

ライバルがひしめく選考を突破し内定を掴み取るためには、その企業がどのような人材を求めているのかを確認する必要があります。スキルや経験によっては取得するのに何年もかかる場合もありますが、自分がその企業の条件に見合うようにまずは日々の仕事を頑張るというのも一つの手です。

また、第二新卒として転職が可能な方の場合、企業側は前職での実績よりもポテンシャルを重視して採用する人物を決定する傾向にあります。なかなか現在の職場で実績がだせなくても焦らずにしっかりと自己分析を行って採用担当者にポテンシャルをアピールしましょう。

参考記事 企業はなぜ第二新卒を採用するのか

転職エージェントを利用する

多くの大企業が人材を募集する際に大手転職サイトに求人募集を掲載します。これらの求人は誰もがアクセス可能なため公開求人と呼ばれます。その他に非公開求人と呼ばれる企業名や仕事内容を一般に公開していない求人があります。これらの求人を多数抱えているのが転職エージェントと呼ばれる転職先紹介サービスです。このサービスを利用するためにはまずは登録をする必要があります。

ポテリクでは、転職先の希望条件だけでなく現職についてやこれまでのご経験などを深堀し、ひとりひとりにあった企業をピンポイントで紹介しています。また、転職活動が成功するよう応募書類の添削や面接対策などのサポートも行っています。大手企業への転職へ向けてまずはぜひ一度ご相談ください。