未経験職種に転職する際のポイントは?

転職を機に新たな職種にチャレンジしたいという人も多いのではないでしょうか。実際に未経験の業種や職種に転職する際に気を付けるべきポイントをまとめました。

どうして企業は未経験の人を求めるのか

中途採用の場合、経験者に的を絞った求人を出している場合も多く見受けられますが、未経験でもOKという募集を出している場合もあります。このような場合、採用担当者は下記のような理由で募集している場合があります。

単純に人員が足りていない

常に人手が足りていない場合、経験・未経験を問わず募集を出している可能性があります。

新たなアイデアを求めている

未経験でその業界についての常識や知識がないからこそ、斬新なアイデアが生まれやすい傾向にあります。

一から育成したい

主に若手を中心に未経験を採用し、一から育成したいと考えている場合、未経験を条件とした募集をだしている場合があります。

まずは自己分析及びキャリアの棚卸しを

これは未経験職への転職だけでなく、経験職への転職活動でもいえることですが、まずは自分がどのようなキャリアを歩んできたかを振り返るとともに自らの強みや弱みをしっかりと把握しましょう。特に自分の持っているスキルや強みは未経験職種であっても大いに役立つことになります。また、スキル自体だけでなく、それを得るまでの過程や経緯を通し、どのようなことを学ぶことができたのかなど、一つ一つを丁寧に深堀すると、より良い自己分析ができるでしょう。

参考記事 転職を成功に導くための自己分析の方法とは? 【転職を成功させる】キャリアの棚卸しの具体的方法

応募先が求めていることを把握する

必ず募集要項にどのような人材を求めているかが記載されていますので、しっかりと確認しましょう。募集要項を見ても「よくある人物像だな~」と思うことがあるかもしれませんが、エージェントに相談すれば過去にどんな方が入社したかなど、より具体的な人物像のイメージができるのでおすすめです。残念ながら、経験という観点においては、同業からの転職者に劣ってしまいますが、それ以外の部分でどのようなことが求められているのかしっかりと把握しましょう。また、求められているものに完全に合致していなくても、アピールできることはないか探してみましょう。

業務に関連する分野の勉強をする

未経験とはいえ、事前に多少の勉強を進めることは可能なはずです。はっきりと必要な資格がある場合は、取得に向けて勉強を始めると良いでしょう。応募書類提出の際に保有資格としてそれらの資格を記載できればベストですが、勉強中であっても採用企業側に意欲を見せることが可能です。また、勉強をしているということは、それだけ意欲や向上心をもっているというアピールにもつながりますので、ぜひ取り組みましょう。

さいごに

未経験の職種や業界へのチャレンジは、その業界への知識がどうしても少なくなってしまいます。また、未経験枠の募集ではない場合は、経験者のライバルと争わなくてはなりません。まずは上記の3つのポイントを抑えて転職活動を進めていきましょう。