転職で内定率をあげるには?

転職先の選択肢を増やすためにも内定率はなるべくあげたいものですよね。また、なかなか書類選考を突破できず悩んいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?転職活動をタイミング別で見直すことで内定率を上げ、最終的に理想の転職を実現できるようにしましょう。

応募書類を見直して内定率をあげる!

応募先企業によって自己PRや志望動機の内容は変えていますか?どの会社でも使えるような志望動機や自己PRの文章は、普遍的ですし採用担当者の目にとまりにくいでしょう。また、応募企業について言及しないような文章では真剣度が低いと思われかねません。一社一社それぞれ企業研究を行い、それらを反映させた文章を作成することが、内定率アップの近道となります。また、自己PRに関してはただ自分をアピールするのではなく、それぞれの会社の求める人材像を参照しそれらに合致するような文章を心がけましょう。

参考記事 企業研究ってどうやるの?志望動機を書く前に知っておきたいこと自己PRを書く前に知っておきたいこと

応募先企業や業界を再考して内定率をあげる!

自分の経歴やスキルと応募先の企業が求めるそれらが合致しているかを確認してみましょう。合致していない場合は、それらが生かせるような業界を選ぶか、スキルを取得してから転職することを考えましょう。新卒での入社とは違い、転職での採用の場合は即戦力を求められることが多くあります。未経験の求職者を積極的に募集している場合もありますが、「入社後に活躍してくれそうだな」と採用担当者が思えるような応募先を選ぶことも一つの手です。

また、応募している業界の有効求人倍率は確認しましたか?有効求人倍率が低い業界で内定を得ることは、高い業界に比べて難易度が増します。なかなか内定を得ることができない場合は、有効求人倍率の高い業界への応募も検討してみましょう。

ただし変更を検討する場合は一旦、自分の転職の目的と照らし合わせて、変更によって転職の目的の達成が困難にならないようにしましょう。

面接スキルを磨いて内定率をあげる!

面接での会話は、日常とは全く違いますし、プレゼンテーションの場での話し方とも異なる特殊な状況です。そのような状況で自分の言葉で自分をアピールしなくてはならないため、苦手に感じている人も多いのではないでしょうか。面接での内定率を上げるポイントは、どれだけ面接練習をおこなったかです。想定される質問の回答を用意することは勿論、友人や家族に協力してもらって模擬面接を行うのも良いでしょう。

参考記事 【模範解答付き】よく聞かれる面接質問24選

ポテリクでは、不安が解消されるまで何度でも模擬面接の練習を行えます。具体的なフィードバックを含めてアドバイスを行いますので、少しでも不安を感じている場合はぜひ一度ご相談ください。

転職エージェントと一緒に転職をする!

転職エージェントは、転職活動のプロです。転職エージェントと一緒に転職活動を進めることで一人で転職活動を行うよりも効率的に転職活動を進めることができます。転職エージェントについての詳細はこちらをご覧ください。

参考記事 転職エージェントとの上手な付き合い方

さいごに

転職活動の中のそれぞれのタスクを今一度振り返り、内定率をあげられるようにしっかりと対策を練りましょう。