ステップ別!転職成功と失敗の分かれ道

転職活動は、1日や2日で完了するものではなく、1~3ヵ月など長期で行うことがほとんどです。その長い道のりの中で、成功と失敗の分かれ道となる分岐点が沢山あります。今回のコラムは、転職の成功と失敗を分ける分岐点についての記事です。転職活動中の方も、これから始めるという人も転職を成功させるために、是非気を付けてみてください。

転職準備編

転職を決意したAさんとBさん。Aさんは、これまでの経験を活かして裁量権のより大きな企業に転職することを目的に転職を決意しました。一方、Bさんは、今の仕事に対して特に不満があるわけでもありませんが、なんとなく転職しようと決めて転職活動を始めることにしました。

分かれ道ポイント
転職の目的をもって転職活動をしているかどうか

転職活動を始めて一番最初にやるべきことが転職の目的の明確化です。転職活動をなんとなくで始めてしまうと転職の軸が定まらないため、その場その場で適当に判断してしまい、最終的に内定を貰って転職をしたとしても、転職後に「この企業なんか違うな」ともやもやすることになります。しかし、転職の目的を設定しておくと、転職後に自分の転職の目的が達成されたかどうかが明確になるので、納得感を得ることができます。

転職活動中には、応募企業の決定や、複数の企業から内定を貰った場合など、選択を迫られる瞬間は多々あります。そこで目的を達成できるかどうかを軸に判断できるかどうかが転職成功の分かれ道となります。転職を決断したら、転職活動の目的を明確にすることから転職活動を始めましょう。

応募編

転職活動を始め、応募先企業を複数決めたAさんとBさん。Aさんは、求人や企業のホームページを確認してどのような人材を求めているのか一社一社確認した上でそれぞれの企業に合わせた自己PR文や、志望動機を作成しました。一方、Bさんは、自己PRは、就職活動の際に利用していたものに少し変更を加え、志望動機に関しては転職活動の時間短縮のためにどの企業でも使える当たり障りのない文章を作成しました。

分かれ道ポイント
自己PRや志望動機は会社ごとに変える

特に転職活動を在職中に始めると、どうしても転職活動に割くことのできる時間は限られてしまいます。しかし、Bさんのように応募書類にかける時間を短縮し同じような文章を提出したとしても中々選考は通過できないので、かえって無駄な時間を過ごすことになります。沢山の時間が必要にはなりますが、Aさんのように一社一社それぞれの企業を研究した上でそれぞれに最適な文章を作成するようにしましょう。 このサイトを運営するポテリクでは、専任のエージェントが書類の添削や面接の練習などを通して、転職が成功するようサポートさせていただいております。転職活動中の方、転職をしようと考えている方、まずは是非一度、お電話にて面談させていただければと思います。

面接編

書類が無事に通過したAさんとBさん。次は面接選考という事で、Aさんは模擬面接を何度も実施し自分に自信をつけた状態で面接当日を迎えました。一方、Bさんは自分のコミュニケーション能力に自信があったため、特に何もせず面接当日を迎えました。

分かれ道ポイント
面接練習は侮らず必ず行うこと

面接の場は、普段のコミュニケーションとは大きく異なりますし、自分の将来がかかる中での会話となりますので、たとえコミュニケーション能力に自信がある人でも必ず準備をすることをおすすめします。また、Bさんのように自分のアピールポイントをコミュニケーション能力とする場合には、採用担当者も厳しくコミュニケーション能力があるかどうかをチェックしてきますので、他の人と比べて要求されるコミュニケーション能力のレベルは必然的に高くなります。そのため、必ず面接の練習は必要となるのです。

面接の練習としてはAさんのように模擬面接をする事が最も良い方法です。家族や知人に頼める場合には練習につきあってもらうか、転職エージェントの面接対策サービスを利用することをおすすめします。このサイトを運営するポテリクでも、万全の状態で面接に臨めるよう、不安がなくなるまで何度でも模擬面接を行うことが出来ます。模擬面接に関しては基本的に全てお電話で行いますので、全国、または海外からでも対応可能です。弊社の転職エージェントと二人三脚で転職活動をしませんか?

さいごに

今回ご紹介した転職の成功と失敗の分かれ道は3つですが、実際の転職活動は、さらに多くの分かれ道があります。特に、初めての転職活動の場合には、気が付かないうちに失敗の道へ進んでいることもあります。納得の転職をするのであれば、是非一度ポテリクにご相談ください。