転職活動をするのは在職中?退職後?どっちがいいの?

正解はありません!あなたの状況によりけりです。

転職活動において「在職期間中に行うのは迷惑なのではないか」「退職後だと離職期間がデメリットになるのではないか」という疑問を抱いている方が多くいますが、結論から申し上げますとポテリクではあなたの状況次第で選択が異なりますという回答をしています。

残業が多く転職活動が出来ない方や、社内環境が劣悪で辞める事を優先したい方は退職後に転職活動をされる方が多いです。 一方で、現職に余裕がある方や、転職時期を少し先で考えている方は仕事を続けながら計画を立て転職活動される方が多いです。 無理に会社を辞める必要はありません。

在職中の転職活動のポイント

ポイントは転職活動全体の計画を立てることです。 在職中だと突発的に仕事が入ったり、転職が先延ばしになってしまったりする場合があります。

転職をすると決めたのであればチャンスを得るためにも「いつまでに履歴書を完成させる」「いつまでに面接する企業を選択する」「いつまでに内定を取りに行く」「いつから退職交渉をする」など転職活動の全体像を把握し進めていきましょう。

参考記事 転職エージェントと進める転職活動のスケジュール

退職後の転職活動のポイント

ポイントは焦らないことです。

転職活動全体の計画を立てることは在職中の方と同じになりますが、退職後の場合は転職活動期間は自ずと短くなりますので焦らないことも重要になります。

離職期間を延ばしたくないという理由で、あまり希望していない企業から内定をもらったし、他の企業の選考を断って入社を決めようと考えてしまうと転職を繰り返してしまう可能性が高いです。

真剣に取り組めば転職はうまくいきますので焦らず取り組んでいきましょう。

在職中の転職も離職後の転職もポテリクで

このサイトを運営するポテリクでは、在職中の転職も離職後の転職もしっかりとサポートさせていただきます。まずはご相談でも構いませんので、是非一度ご相談ください。