自分にあう仕事の探し方

「今の仕事はあなたにあっていると感じますか?」と聞かれたら、どのように答えますか?「はい」と答えられれば一番良いのですが、そうではない人も多くいると思います。どのよにしたら自分にあった仕事を見つけられるのでしょうか?

いまの仕事が自分にあっていないと感じている場合

もし、今の仕事が自分にあっていないと思い転職を考えている場合は、次の転職を納得できるものにするためのチャンスです。まずは今の仕事が自分にあっていないと感じる理由を考えてみましょう。現在のポジションなのか、部署、社風、仕事内容など様々な観点から考えてみましょう。

まずは自分を知る

適職診断などもありますが、質問によってはケースバイケースで限られた選択肢の中から選ぶのが難しい質問も多いのではないしょうか?まずは、下記のトピックスに対して自分に正直に答えてみましょう。また、周りの人に自分がどのような人物なのかきいてみるのも自分を知るためには有効でしょう。

  • なにが学ぶことに対して楽しいと感じるのか(学校の勉強だけでなく興味のあるセミナーなどを含め)
  • 友人と話す際にどのような話題を楽しいと感じるか
  • 出勤日の中でどんな日に充実していると感じたか
  • 自分はなにが秀でていると感じるか
  • 同じことを継続的に続けることが好きか、それとも常に新しいことをするのが好きか
  • 転勤を楽しめるタイプか同じ場所にとどまりたいのか
  • 成績などが数字として現れることでモチベーションが高まるタイプか
  • 人と一緒に何かを作り上げたいのか、もくもくと一人で作業を続けたいのか
  • もし全ての仕事の給料が同じだったら、なにをしたいか
  • どんな求人に少しでも興味を持ったか

自分が仕事に何を求めているのかを考える

自分が仕事をして何を得たいのかを明確にしてみましょう。給料や休みの多さ、スキルアップや自分にとって適した社風で働きたいなど、まずは思いつくことをリスト化しましょう。その後、どれが最も重要であると感じるのか優先順位を付けてみましょう。この作業を通して自分がなにを仕事で得たいと感じているか明確することができるでしょう。これは、実際に自分が求人募集を探す際にも役立ちます。

趣味を仕事にしてみる

もし、没頭している趣味があるならば、趣味に関連したことを仕事にするということを考えるのも良いかもしれません。自分が好きなことに携われるため、モチベーションを高く保てるでしょう。ただし、趣味を仕事にするとプライベートと仕事の境目が曖昧になる場合もあるので、しっかりと分けたいと感じる人には向いていないでしょう。

既に自分にあった仕事をしている人に聞いてみる

周りの友人や家族の中で、今現在自分にあった仕事をしていると感じている人はいませんか?どのように現在の職を見つけたかや、自分にあった職だと確信した瞬間などを聞いてみると、新たなヒントを得られるかもしれません。

さいごに

仕事は人生の多くの時間を費やすからこそ、自分にあった仕事のほうがより充実した日々を送れることでしょう。まずは自分を知るところからはじめてみてはいかがでしょうか?