企業研究ってどうやるの?

よく転職の準備段階として必要になる企業研究ですが、具体的にどのようにやれば良いのかわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

企業研究をする理由

自分の希望条件が明確になる

企業研究を通して、その企業へ共感や、ぜひこの企業で働きたいという意欲が強くなるかと思います。しかし一方で、この部分は嫌だななど直観的にネガティブな印象を受ける項目もでてくると思います。実際の企業の研究を通して、自分が転職で希望することがより明確化されます。

競合他社との違いがわかる

企業研究には、競合他社の研究も含まれます。これは、どうして他社ではなく、この会社でなくてはならないのかを明確に伝えられるようにするためです。とくに、未経験の業界に飛び込む場合には、しっかりと調べておくことが重要です。

面接などでより深い質問ができるようになる

いわゆる「逆質問」と呼ばれる応募者が採用担当者に質問ができる場面があります。しっかりとした業界研究を行っていないとホームページなどに記載がある情報について質問してしまい、志望の本気度が低いと捉えられてしまうこともあります。企業研究を通して、より深い質問をすることで、採用担当者にしっかりと調べてきたんだなというポジティブな印象を与えることができます。

最低限必要な情報

企業の基本概要

名称は必ず確認すべき事項です。略称を正式名称と勘違いしている可能性もあるので気を付けましょう。また、創立年や企業理念、従業員数、拠点などを調べましょう。さらに社長や役員からのメッセージが掲載されている場合が多数あります。しっかりと読み込み、どのような哲学を持って仕事をしているのかを読み取りましょう。

事業内容

どのようなサービスや商品を誰に向けて提供しているのかを確認しましょう。大企業の場合、売上などの数値も公表されている場合が多いので参考にしましょう。

業界内での立ち位置と特徴

まずは同じ業界の競合他社について調べましょう。すると、研究対象の企業の特徴や他の企業にはない強みが見えてくるはずです。また、その業界のトレンドや将来性についても調べておくとよいでしょう。

制度

人事制度や教育制度は重要な情報です。また、福利厚生に関わる制度も調べておくことで、入社後に納得できる転職と感じやすくなるでしょう。

採用情報

募集要項や、応募者へのメッセージなどが掲載されています。どのような人物を求めているのかをしっかりと把握することは、選考を通過するために、非常に大切になります。

上記は最低限の項目ですので、その他自分で気になることを調べておくことも大切です。

情報を得る方法

基本的な情報は、会社のホームページから知ることができますが、その他にも下記の媒体を利用して情報を集めることができます。

  • IR情報
  • 会社四季報
  • プレスリリース
  • TwitterなどのSNSアカウント

また、OB・OG訪問や、社員と実際に話す機会を設けている会社もあります。実際に会うことで聞ける生の情報や、会社の雰囲気なども掴むことができるかもしれません。可能な場合は積極的に活用してみましょう。

さいごに

企業研究は自分が応募する企業を選定する上でも重要になりますし、書類作成や面接練習を行う場合にも、スムーズに対応することができます。まずは、情報を集め、それらをしっかりと整理し、転職を成功に導きましょう。