転職に失敗する人の特徴って?

いざ転職を考えると、失敗してしまうのではないかと不安を抱える人も多いのではないのでしょうか。残念ながら、転職に失敗してしまう人は一定数いますが、下記の5つの特徴にあてはまらなようにしっかりと対策をして転職を成功に導きましょう。

失敗1:転職の目的が不明瞭

なんとなくで転職活動を始めてしまうと、軸がぶれ、なかなか内定まで辿り着けないだけでなく、もし内定をもらったとしても実際に入社してみたら自分にあわなかったなどの失敗をすることも。転職活動は時間もエネルギーを大量消費するため、失敗したくありませんよね。自分が転職を通してどのようなキャリアを掴みたいのか、どのような企業に入社したいのかを明確化してから転職活動を始めましょう。

また、この理由で転職に失敗する人に似た特徴として、将来のビジョンがないということがあげられるでしょう。企業側も、転職希望者が5年後、10年後にどのように企業とともに成長したいかは気になるところです。ただ何となく働くのではなく、どのように成長したいのか、どのようなキャリアを歩みたいのかを明確にすることで、採用側の企業も入社後のイメージがわきやすくなるでしょう。

失敗2:応募先企業の情報不足

どんなに経歴が素晴らしくても、それぞれの企業に合わせた準備を怠れば転職はうまくいきません。例えば、面接で採用担当者に応募先の企業についてどこまで知っているのかを尋ねられて、何も答えられなければ、「この応募者は興味がないのかな」とか、「この面接に対する本気度は低いな」と思われても当然ですよね。また、求めている人材像とかけ離れているような人材からの応募は、採用担当者の目には止まらないでしょう。このようなことを避けるためにも、企業のホームページを確認したり、実際に店舗を訪問したりするなどして、企業を知る努力を怠らないようにしましょう。

他にも、応募前に条件面をしっかりと確認せずに応募し、内定を頂いたあとに条件面を確認したら、希望とかけ離れていて転職活動の延長を余儀なくされる場合もあります。万が一、転職活動を終えるためだけにそのような形で入社したとしても、転職先で長く働くことは難しいでしょう。このような失敗を避けるためには、応募企業の募集要項をよく確認する必要があります。

参考記事 企業研究ってどうやるの?

失敗3:自己分析不足

自己分析不足は転職に失敗する人の特徴の一つでもあります。自己分析を通して何が強みかを明らかにするだけでなく、それに付随するエピソードが自分の中で確立されていないと、企業に自分自身をうまく売り込むことはできません。しっかりと自己分析やキャリアの振り返りを行い、自分の強みや、どのような点がアピールポイントとなるかチェックしてみましょう。

参考記事 転職を成功に導くための自己分析の方法とは?

失敗4:実力不足

企業の多くが転職者に対して即戦力になってほしいと思っています。その力を評価する指標の一つは、前職または、現職での実績です。採用企業側からみて十分な実績がない場合、魅力的な人材には見えません。今現在充分な実績がないと感じる場合、一度現在の職場でこれ以上の実績が出せないかを考えてみましょう。中途採用の場合、なにかの実績とともに転職を行ったほうが、より希望に近い転職が叶うでしょう。 ただし、第二新卒の場合は、実績ではなく人柄や、やる気重視の場合もありますので、それぞれの企業の募集要項を確認し、どんな人材を求めているのかを確認しましょう。

失敗5:高望みし過ぎ

転職で得たいこと全てを得ようとしていませんか?高い給料をもらいつつ、年間休日は125日以上、残業はなし、有給休暇ありといったような条件を全て叶えようとすると、転職活動は失敗に終わります。なぜなら、なかなかそのような求人はないからです。むやみに妥協することは良くありませんが、全ての望みをかなえるような求人を見つけることは難しいですし、あったとしても非常にハイレベルな選考が行われます。一度、転職の目的を見直し、あれもこれもにならぬように優先順位を付けましょう。

さいごに

転職活動は膨大な時間とエネルギーが必要になります。転職を成功させるためにも、これらの特徴にはあてはまらないよう注意をしながら転職活動を進めていきましょう。