資格なしで転職をするときのポイント

資格を一つも持っていないと履歴書の資格欄は空白になりますし、なにかと不安に感じますよね。資格がなくても転職活動を上手にすすめる方法を解説します。

資格を持っていないと不利?

資格はあると便利ですが、ないからといって必ずしも全てのケースで不利になるということはありません。業務に関連する資格ならまだしも、全く業務に関係のない資格を持っていてもあまり魅力的なアピールにはつながりません。とはいえ、もし全く同じ人物が最終面接に残りそのうちの一人を採用するとなった場合、片方が資格を所持していたら、持っていない人物よりも有利になるでしょう。とはいえ、現実世界で全く同じ経歴やスキル、強みを持った人はいません。ですから、資格だけではなく包括的に見て、自分のアピールできる部分を考えましょう

すべてのスキルを資格で表せるわけではない

現在、様々なスキルを身に着けたこと証明できる資格があります。しかし、これら全てを合わせても自分が所持しているスキルや力を証明することは難しいでしょう。資格は第三者からこれができるという証明をしてもらった結果として得ることができます。しかし、実績や経験を前提に自分自身が何をできるかということをアピールすることができれば、採用担当者にも魅力的に伝わるでしょう。

まずは応募先の募集要項を確認

まずは応募先の企業の募集要項をよく確認し、必須の資格があるのかを確認してみましょう。必須という形で資格を設定している場合、持っていないとなかなか選考を通過することは難しくなります。また、その業務に携わるには必ず定められた資格を要求されることがあります。このような場合、その職を諦めるか、または取ってしまってから募集したほうが容易でしょう。

資格がない場合の履歴書の書き方は?

資格がない場合、「特になし」と記載します。しかし、もしなにか応募先の企業と関連した資格を勉強している場合は「〇〇取得に向け勉強中」といったような記載ができます。もし応募先で生かすことのできる資格が明確な場合、勉強し始めてみても良いでしょう。

資格があっても実務経験が無いと意味が無い

実は、資格を持っていても有利にならない場合があります。それは、資格だけでなく資格に関連した実務経験を問われる場合です。基本的に資格を応募条件にする会社は資格と実務経験をセットにして条件としているケースがあります。ですから資格を取るだけ取って終わっていては、ただの資格コレクターとみなされ、会社で役に立つスキルとしては認められないケースがあります。ですから、闇雲に資格を持っていればそれだけで有利になるとは限らないのです。

とはいえ資格はあったほうが便利

履歴書の資格欄を一行埋めることができるだけでなく、向上心をもっていることや、勉強ができる姿勢をアピールすることができます。また、あまり有名ではない資格でも、採用担当者の興味を引くことができるかもしれません。時間がある場合には、気になる資格を目指してとりあえず勉強を始めることもよいでしょう。

参考記事 転職に必須の資格と有利な資格