【在職中に内定を貰った人向け】円満退職を成功させるコツ

新しい職場に気持ちよく入社するためにもなるべく円満に退職をしたいですよね。今回は在職中に内定を貰った場合の円満退職を成功させるためのポイントとその流れをまとめました。

円満退職を成功させるための5つのステップ

1. 自分の意思を改めて確認する

今後のキャリアプランを含めて本当に退職をするべきなのか改めて確認しましょう。もし引き止めがあった場合にも、それを振り切って退職を決断できるほど固い意思であるのか自分自身に問いましょう。また、家族の協力も必要になるので、早めのタイミングで相談をしましょう。

2. 全体のスケジュールを決める

退職してから転職活動を始めるのかや、現職の繁忙期を含め、会社に悪影響がないタイミングで退職できる時期を探します。基本的に退職は、退職の意思を伝えてから2か月後ぐらいに実施できると考え、ゆとりをもってスケジュールを立てましょう。

3. 直属の上司に相談する

既に内定を貰っている場合には速やかに直属の上司に退職したい旨を伝えます。まだ貰っていない場合は、残された同僚や上司になるべく迷惑がかからないように早めに退職の旨を伝えられるよう意識しましょう。この際に先に同僚や部下に退職の意思を伝えないようにしましょう。円満な退職を実現するためには直属の上司の支援が必要不可欠です。上司から最大限の支援を得るためにもまずは、上司に退職の意思があることを伝えるようにしましょう。

4. 退職の準備をする

退職が正式に認められたら退職の準備を開始します。主な退職の準備は下記の通りです。

  • 退職届の提出
  • 引継ぎ準備
  • あいさつの段取り
  • 退職日の設定

5. 退職当日

退職当日には返却すべきものや受け取らなければならない書類などがありますので、もらい忘れ、渡し忘れの内容にしましょう。

返却するもの
  • 健康保険証
  • 身分証(社員証や社章など)
  • 定期券
  • 名刺
  • 経費で購入したもの
  • 書類やデータ
受け取るもの
  • 離職票
  • 源泉徴収票
  • 年金手帳
    (会社が保管している場合)
  • 雇用保険被保険者証
    (会社が保管している場合)

円満退職を実現させるための注意点

転職先が決定している場合にも社名は明かさない

転職先が決まっていても社名を明かす必要はありませんし、不要なトラブルを避けるためにも明言は避けましょう。

退職理由に不満を挙げない

円満退職をするためにはいくら事実であっても避けるべき部分です。あくまで自分自身の都合ということにするなどして、会社への不満などへの言及は避けましょう。

退職をさせてもらえない場合には

退職は労働者の権利の一つであり、会社は社員を留め続けることは不可能です。法律では、退職は意思を表示してから2週間後に行うことができるようになっています。万が一、辞めさせてもらえない場合には、労働基準監督署に相談することも視野に入れましょう。

さいごに

世界は小さいもので、もう一生出会うことがないだろうと前職を退職する際に軋轢が生じてしまった相手と、転職先で取引先として出会うこともあります。転職先でも気持ちよく仕事を始めるためにもなるべく円満退職をめざすようにしましょう。