複数企業から内定をもらって決めきれない時の対処法

転職活動が上手くいき、複数企業から内定の連絡を受けたものの、どの企業に入社するか迷った時の判断基準をまとめましたので是非参考にしてください。

複数企業から一社に絞れない理由を明確にする

まずは、どうして一社に絞れないのかを明確にする必要があります。複数企業から一社に絞れない場合には、自分自身の全ての希望を満たすような企業がないという事だと思います。内定を頂いた企業一つ一つの最も良い点と自分が不満を感じる点の両方を一度書き出してみましょう。

もし、内定が一社に絞れない原因がそれぞれの企業に対して条件面等で不安や疑問がある場合には、直接企業に聞いて解決しましょう。内定が出る前は選ぶ側と選ばれる側と、立場に明確な差がありますが、内定後に関しては企業と内定獲得者は条件面等をすり合わせ、お互いにとって納得のいく入社となるよう調整するタイミングです。ただし突っ込んで聞きすぎると入社後に気まずい雰囲気になることもあるので、常識的な範囲に留めることをおすすめします。

転職の目的を思い出す

内定先企業の良い点と不満な点の全てを書き出したら、転職の目的を思い出しましょう。転職活動を決意した理由を解消できる企業が、入社をしてからの納得感が最も大きくなるからです。もし、当初の転職の目的を無視して内定先を決めた場合、遠くない将来に同じような理由で再び転職活動を決意することになる可能性が高くなります。これまでの転職活動を経て、休日や仕事終わりの時間を転職のための時間に充て、さらに交通費などでお金もかかったはずです。そのため、同じような目的で再び転職するということは、あまり賢い選択とはいえません。転職の回数も、若年層で何回もとなると、選考ハードルも上がってしまう傾向にあります。そのため、どのような目的で転職活動を始めたのかを思い出し、その目的が果たされてる企業を選びましょう。

それでも内定を承諾する企業が絞れない場合

複数企業が自分自身の転職の目的を満たしている場合には、以下の2つの方法を通して内定を受ける企業を決定することをおすすめします。

優先度を決める

転職の目的が達成される企業が複数ある場合には、自分の転職の目的を考慮した上で、条件に優先順位を付けてみましょう。どの条件に対して不満があるのかわからない場合には下記を参考にしてみましょう。

  • 業務内容
  • 会社規模
  • 企業理念
  • 知名度
  • 福利厚生
  • 年収
  • 会社の将来性
  • 立地

客観的な意見を取り入れる

友人や家族などにアドバイスを求めることも一つの解決方法です。内定を貰った企業それぞれについてどのような印象を持つのかや、どれがあなたに合っていると感じるのか聞いてみましょう。自分自身にはなかった視点や考えを取り入れることで、どの会社の内定を承諾することが最善の選択かわかるかもしれません。ただし、最終的な決定権はあなた自身にあり、どの企業を選ぶかはあなたが納得して決めるべきことであることを忘れないようにしましょう。

さいごに

内定を貰ったからといって転職は終わりではありません。内定を複数獲得できたという事は、転職活動が上手くいった証であるといえます。しかし、実際に入社して、今回の転職に対して納得感を得た瞬間が転職終了のタイミングとなります。最後まで気を抜かずに、どの企業を選択することが自分にとって最善の選択なのか、限られた時間ではありますが、自分自身としっかりと向き合った上で決定しましょう。