内定をもらったあとの流れ

めでたく内定をもらったあとの流れをご存じですか?退職の準備だけでなく、入社先の企業とも色々とやらなくてはいけないことがありますので注意が必要です。

内定の連絡を受ける

メールや電話で採用内定の連絡がきます。この時点で、細かい部分を含めて労働条件が伝えられていない場合もあります。入社後にトラブルにもなりかねないので、もらっていない場合は必ず書面でもらうようにします。労働条件を書面で伝えることは、法律で定められているので、しっかりともらうようにしましょう。

労働条件を確認する

労働条件をきちんと確認しておらず、入社後に納得のいく転職だったと実感できないことを防ぐためにも隅々まで読み込みます。特に確認すべき事項を下にまとめました。

  • 契約期間
  • 始業と終業の時刻
  • 所定労働時間を超える労働(残業)の有無
  • 休日、休暇
  • 賃金(所定労働時間外も含め)
  • 退職に関する事項

これらは労働基準法にて労働契約締結時における労働条件の明示義務となっています。記載がない場合やわからない点などは全てこの段階で確認しましょう。

内定を承諾する

労働条件を細かく確認したら、内定を承諾するか、辞退するか決めましょう。基本的には、内定を出した会社から回答期日が伝えられていると思いますので、その期限以内に電話連絡またはメールにて内定承諾の連絡を行います。

内定を承諾するということは、その他に選考中や結果待ちの企業の選考結果に関わらず、内定承諾先の企業に入社するということを宣言することです。ですから、内定承諾後に「やっぱり内定を辞退したい」ということはご法度なのです。内定を承諾する際には、本当にその会社で良いのかじっくりと考えてから意思を決めましょう。

退社日・入社日を決める

在職中に転職が成功した場合には、入社日を決めるためにまずは退社日を決めなければなりません。退社については、法律では退職希望日の2週間前に退職したい旨を伝えれば退職が可能ですが、それぞれの企業の就労規則によって定められている場合もあります。まずは上司に退職の旨を相談し、日程を調整しましょう。退職前には業務の引継ぎや取引先へのあいさつ回り等の時間が必要になるので、ゆとりをもって設定しまします。

入社日は退社日の翌日に設定すると、保険や年金関連を自分で手続きしなくて良いのでおすすめです。もし、退社日の設定が上手くいかず想定よりも時間がかかっている場合は、転職先にその旨を伝えましょう。

退社手続き

退社に際して会社に返却しなくてはならないものなどは、漏れのないようにしっかりと返却しましょう。

  • 健康保険証
  • 社員証
  • 定期券
  • 名刺
  • 経費で購入したもの

また、退社の際には必ず下記の書類を受け取りましょう。

  • 源泉徴収票
  • 年金手帳
  • 雇用保険被保険者証

これらは転職先に渡す必要がありますので、貰い忘れのないようにしてください。

入社手続き

基本的に入社に際して求められる書類は企業によって異なりますので、担当者に確認するようにしましょう。健康診断書など、その日のうちに入手することが困難な書類もあるので余裕をもって書類をそろえましょう。

入社日

初出勤の日に必要なものや、出勤場所や時間を間違えないよう注意しましょう。また、初出勤日にまでに余裕がある場合は入社先の企業について改めて学んだりリフレッシュしたりして、万全の状態で勤務初日を迎えられるようにしましょう。

さいごに

内定が出た後も内定を承諾するまでは転職活動は続きます。納得のできる転職にするためにも、最後まで気を抜かず、行動しましょう。