転職活動中にアルバイトをするときの注意点

次の転職先を見つけるまでにアルバイトを行う場合、どのようなことに注意すればよいのでしょうか。

転職中にアルバイトをすることは問題ない

転職中にアルバイトをすることによって採用に悪影響が出るということはありません。ですから、安心してアルバイトを行っていただいて大丈夫です。しかしながら、転職中にアルバイトをすることにはメリットもデメリットも存在します。下記にまとめましたので、しっかりと読んだ上で、デメリットの影響を最小限にしたり、まだ現職を辞めていない場合には、在職しながら転職することも視野に入れましょう。

転職活動中にアルバイトをするメリット

一定の収入を得ることができる

転職中には、通常の生活費の他に交通費や履歴書に添付する写真代など様々な出費がつきまといます。そのため、一定の収入があれば金銭面の負担を気にすることなく転職活動を行うことができます。転職活動は、自分一人で完結できるものではないので、必ずしも計画した期間内に転職先が決定するとは限りません。そのため、アルバイトをすることで金銭的な部分の精神的不安も解消されるかもしれません。

良い気分転換になる

転職活動が上手くいかず結果がでない状態が長期間続くと、精神面に悪い影響を与える事もあります。そのため、リフレッシュとしてアルバイトをして、様々な人と関わることで良い気分転換になるかもしれません。

新たな発見ができる

アルバイトをする中で、自分の強みや長所を改めて発見できることもあります。アルバイト経験自体は基本的に職歴には含めませんが、経験や感じたことは転職活動に活かせるかもしれません。

転職中にアルバイトをすることのデメリット

スケジュール管理が難しくなる

転職中にアルバイトをすると、全ての時間を転職活動のために使うことは出来なくなります。特に、面接選考ではスケジュール管理は必須ですので、シフトに融通の効かない職場でのアルバイトの場合には、スムーズな転職活動ができなくなるので注意が必要です

転職に対する意欲が下がってしまう

また、アルバイトをしていると、金銭面での危機感が薄れ、現状を打破しようという良い意味での緊張感が減ってしまう場合があります。本来転職活動が最優先事項だったのに、徐々に自分の中で優先事項が変化してしまい、どんどんアルバイト中心の生活になってしまっては本末転倒です。そのため、生活の多くの時間をアルバイトに充てる場合には注意が必要です。

アルバイトはあくまで転職を成功させるためだということを忘れずに

転職活動中のアルバイトで最も気を付けたいことは、アルバイトを中心として生活を回してしまっては意味がないということです。アルバイトは、あくまでも転職を成功させるための一つの機会にすぎません。アルバイトとして働きたいわけではない場合には、そのことを肝に銘じてアルバイトを行うようにしましょう。アルバイトのシフトを優先にして、面接の機会を失ってしまっては本末転倒です

さいごに

転職活動は、確約された終わりはありませんので、どこかのタイミングで資金が尽きてしまうこともあります。そのため、転職活動が長期化しそうな場合には、計画的に転職活動の邪魔にならない範囲でアルバイトを行うことをおススメします。もし、転職活動を長引かせたくない場合には、転職エージェントに相談することをおススメします。このサイトを運営するポテリクでは、転職者に合わせてにスピーディーに内定までをサポートすることが可能です。なるべく早く次の転職先を決めたい等のお悩みがありましたら是非一度、お気軽にご相談ください。