面接での短所の答え方

面接でよくきかれのるが長所と短所。長所はどちらかというとすらすらと答えやすいと思いますが、短所はアピールポイントというわけでもありませんし、何を話せば良いのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

面接官が短所を聞く理由

自分を客観視できているか知るため

どんなに素晴らしい人にも必ず短所はあります。面接官は長所だけでなく短所を質問することで、自分の良い部分だけでなく悪い部分を含めて客観的に把握できているのかどうかを判断しています。

弱みをカバーするためにしている努力を知るため

弱みという課題をどのように解決しようと努力しているのかは、課題解決力が備わっているかどうかを判断するのに役立ちます。ですから、短所を聞かれた際にはただ短所について述べるだけでなく、それに対してどのような工夫を行っているのかを付け加える必要があります。

気を付けるべきこと

長所と矛盾している

長所は短所の裏返しです。ですから、例えば長所をコミュニケーション能力と設定した場合に、短所で無口であるというと矛盾が生じます。ですから、一度自分の長所を振り返り、短所が長所の裏返しになっていないかや、長所が短所を否定していないか確認してみましょう。

仕事に悪影響を及ぼすような短所を言う

「遅刻癖がある」や、「嘘つき」などは社会人としての信頼が損なわれる短所です。そのような人は会社に損失をもたらすと捉えられますので、言及することは避けましょう。

自分の努力では改善できない短所

背が低いといった自分の努力ではどうにもならないことはここでの回答としては適切ではありません。面接官はそのようなことではなく、どのような短所があり、どのように改善しようとしているのかを知るために質問しています。質問の意図をわかっていないとみなされますので気を付けましょう。

短所はないと回答する

これは、自分を客観視できていないと判断されるだけでなく、誠実さがないと思われます。長所は短所の裏返しです。長所があるということは短所があるはずですので、自己分析を通して必ず見つけましょう。

参考記事 転職を成功に導くための自己分析の方法とは?

思いつかない時は

自分の周りの人に聞いてみる

家族や知人などは、自分の気が付かない良い面や悪い面を知っています。他己による分析は、自分を客観視した際には見つからなかったことが新たにわかることもあるので、積極的に行うようにしましょう。

長所から考える

長所と短所は表裏一体です。自分の長所を把握できている場合には下記の表をヒントに考えてみましょう

長所短所
行動力がある計画性がない
積極性がある自己主張が強い
責任感がある抱え込みやすい
適応力がある流されやすい
忍耐強い諦めが悪い
ポジティブ楽観的
協調性がある主体性がない

さいごに

いかがでしたでしょうか。面接で短所を尋ねる面接官は多くいます。しっかりと準備して短所を答えるだけでなく、その短所に対してどのように努力をしているのかを話せるようにしましょう。