面接で注意したい敬語

面接では必ず敬語を交えて会話をしますが、普段から意識していない人にとっては、なかなかすらすらと話すことは難しいでしょう。また、知らない間に間違った敬語を使用している可能性もあります。一度確認してみましょう。

敬語には大きく分けて3種類ある

大前提として、敬語には三種類あります。特に尊敬語と謙譲語は、同じ意味でも行動をする人物によって使用すべき言葉が変わりますので、しっかりとどの言葉がどちらにあてはまるのかを把握しておく事が重要です。

尊敬語

相手の行為や状態などを、その相手を立てて述べる際に使われる言葉です。例としては、「いらっしゃる」や、「おっしゃる」といったものが挙げられます。

謙譲語

自分が立てる相手に対して行う行為や物事を、自分をへりくだらせる結果、その相手を立ててる敬語です。「拝見する」や「伺う」といった言葉が謙譲語となります。

丁寧語

「です」や「ます」を用いて丁寧に述べるものです。

よくある敬語のミス

相手の行動に対して謙譲語を使う

あまりにも丁寧に言おうとしすぎた結果自分を立てるような言い回しをしてしまう方がいますが、敬語を用いる際には必ず相手をたてるように注意しましょう。

NG例

「こちらが私の履歴書となります。どうぞご拝見ください。」

「拝見する」は謙譲語となります。この場合には、相手が履歴書を見るという行動を行いますので下記が正しい言い方となります。
正しい敬語

「こちらが私の履歴書となります。どうぞご覧ください。」

ご覧になるという言葉は尊敬語になり、履歴書を見るという行為を実際に行う人に 対しての敬語となります。

二重敬語を使用する

二重敬語は、現代においては言い回しの一つとして定着してしまっているものもありますが、基本的に適切でないとされています。

NG例

「では〇日に伺わせていただきます。」

「伺う」という言葉自体が敬語ですが、そこにさらに「いただく」という敬語を利用してるため、二重敬語となります。「いただく」という言葉に関しては、ケースによってはこのような使い方でも問題がない事もありますが、シンプルに下記のような言い方でも十分丁寧な言葉となります。

正しい敬語

「では〇日に伺います。」

自分の身内を立てる

自分の家族といった身内は、自分と同じように立てる対象とはなりませんので注意しましょう。

気を付けるべき表現

弊社の面接対策の際によくある間違った表現をまとめました。普段から自分が適切な敬語が使えているのか、振り返ってみましょう。

間違った敬語

貴社
了解しました
大丈夫です
すみませんが
すいません
ご拝受ください
貰います
拝見いたしました
ちょっと
わかりました
知りません
頑張ります
おっしゃられる

正しい敬語

御社
承知しました
問題はございません
恐れ入りますが
申し訳ございません
お受け取りください
いただきます
拝見しました
少々
かしこまりました
存じ上げません
努力させていただきます
おっしゃる

面接で盛り上がってしまっても

時々、趣味などが共通しており、面接官と意気投合し話が盛り上がるケースがあります。ついつい楽しくなってしまい、面接であることを忘れてしまう方がいらっしゃいますが、あくまで面接の場であることを忘れないようにしましょう。

正しい敬語は普段の習慣から

面接ですらすらと正しい敬語を使うためには、日々の学習が重要です。普段から意識して敬語を使うことで、自然と正しい敬語を覚えることができます。正しい敬語は転職の場だけでなく、普段のビジネスシーンでも使用する機会が多々あるかと思います。まだ面接選考まで進んでいない人も普段から意識して敬語を使用するようにしましょう。