雨の日の面接でのマナー

雨の日は様々な場面でいつもの面接以上に気を付けるべきことが増えます。雨の日でもスマートに対応できるように、是非この記事を参考に準備をしてください。

家を出る前に

雨が降っていた場合には下記のものをいつもの面接への持ち物にプラスすると重宝します。

  • タオル
  • 靴下またはストッキングの予備
  • ビニール袋

おすすめは折り畳み傘

長い傘は何かと扱いに困る場面がありますが、折り畳み傘なら鞄にしまうことができるのでおすすめです。書類や鞄の中が濡れぬよう一緒に袋も持ち歩くとよいでしょう。

ただし雨が強い場合には長傘を

雨や風が強く折り畳み傘ではスーツなどが濡れてしまう場合には長い傘を利用しましょう。普段使用している傘で基本的には問題ありませんが、派手な色やレースつきのものなどは避けることが好ましいです。

また、長い傘を所持した状態で面接に臨む場合には、傘の取り扱いに充分注意しましょう。特別決まったルールがあるわけではありませんが、あまり乱雑な取り扱いをすると、悪い印象を与えてしまう可能性もあります。

レインコートよりは傘がベター

レインコートは、傘のように取り扱いに困らないかもしれませんが、たたむのに手間取りますし、たたんでいるあいだにスーツを濡らしてしまう可能性も高くなります。もし、かなり風が強く傘をさしても横から雨が入ってきてしまう場合にはレインコートでも良いですが、お金に余裕があるのであればタクシーの利用も考えましょう。

長い傘の取り扱い方

傘立てがある場合

入口付近やロビーに傘立てがある場合には、きちんと水滴を払い、たたんでから傘を置きます。傘立てがなく、傘袋が設置してある場合にはしっかりとたたんでしばってからから傘袋にしまいましょう。

面接室まで傘を持ち込む場合

面接会場まで傘を持ち込む場合には、床を濡らさないよう細心の注意を払いましょう。傘袋があれば便利ですが、ない場合にはタオルで拭くなどして対処します。 面接室では、傘の先端を面接官に向けないようにして鞄と平行に床に置きます。

面接前に一度身だしなみチェックを

雨の日には、スーツが濡れてしまうだけでなく、髪型や化粧が乱れがちです。時間にゆとりがある場合には一度化粧室などで全身をチェックし、万全の状態を整えるようにしましょう。

交通機関に乱れにも注意

雨天時には、交通機関が乱れることもあります。また、傘の必要がない天候の場合よりも何かと時間がかかるものです。いつもよりもゆとりをもった時間配分を心がけるようにしましょう。

さいごに

雨の日の面接では、普段の面接よりも気にしなくてはならないことが増えます。しっかりと対策を練ることが重要です。