面接で「何か質問はありませんか」と聞かれたらどう答えるべき?

面接で必ず聞かれるこの質問。何を質問すれば良いのか迷うという人も多いのではないでしょうか。事前にしっかりと準備すれば、実は一番簡単に自分をアピールするタイミングになるかもしれません。

面接官はなぜ逆質問をするのか

面接官は「何か質問はありませんか」という質問をすることで、下記の3つのことを知ろうとしています。
1. 入社意欲
2. コミュニケーション能力
3. 疑問の解消
特に入社意欲は重要なポイントです。しっかりと準備していない質問だと面接官にマイナスの印象を与えてしまいますが、一方で一つの質問で入社意欲ややる気をアピールする機会にもなります。

質問を考える時のポイント

質問を考える際には下記をヒントに考えましょう。

実際に働いてみないとわからないこと

一日の流れや面接官自身のやりがいを感じている部分など、実際に働ている人にしかわからないようなことを聞いてみると良い印象を与えることができますし、その会社が実際に向いているのかどうかがわかるでしょう。

今から準備できること

入社までに勉強できることや準備できることを聞くと向上心をアピールすることができるだけでなく、実際に内定をもらった場合、良いスタートダッシュを切ることができるでしょう。

面接について

その面接が最終面接でない場合、今回の面接の評価や次回へのアドバイスを聞いてみてもよいでしょう。アドバイスを聞いて次回へと生かそうとすることは、意欲の高さや、上昇志向をアピールすることができます。

何個質問を準備しておくべきか

少なくとも3つは用意しておくと安心です。これは、応募者への質問だけでなく、会社についてや部署についての説明を交えつつ面接を進行する場合があり、予め自分が用意した質問への答えがその説明に含まれている場合があるからです。「何か質問はありませんか」という問いにぱっと質問を見つけることは中々難しいので、事前に下調べを行い、少なくとも3つは用意しておきましょう。

避けるべき質問

ホームページやパンフレットに載っている基本事項

誰でも手に入れられるような基本的な情報を聞くことは、きちんと会社について調べられていないという印象を与えます。「この会社への志望度は低いのかな」と面接官に思われてしまいますので、このような質問は避けましょう。

面接官が説明していたこと

面接の中で聞いたことを質問してしまっては、「この人聞いていなかったのかな」と思われても仕方ありません。面接は非常に緊張する場面でありますが、コミュニケーションの一貫であることを忘れないようにしましょう。

待遇についてのみの質問

気になる部分ですし、しっかりと理解した上で入社すべきですが、ここで待遇面ばかりの質問に終始すると、「待遇面ばかり気にして業務に関してはあまり興味がないのかな」などと評価されかねません。充分注意しましょう。

はい・いいえだけで答えられてしまう質問

「はい」と「いいえ」だけで答えられるような質問では、すぐに質問の時間が終わってしまいます。せっかく志望している会社で働いている人と話す機会を無駄にしてしまいます。より深い質問ができるように事前に準備するようにしましょう。

質問をしないことはNG

質問をしないということは、その企業に対して興味がないという印象を与えます。勿論、上記のような質問をすることも避けるべきなのですが、必ず面接前に数個の質問を考えましょう。

さいごに

この質問は、企業によって異なることも基本的にないので、実は一番対策しやすいのではないでしょうか。面接前までにいくつかあらかじめ考えておき、実際に質問する際にすらすらと質問できるようにしておきたいですね。

「さいごに質問はありませんか」に対する返答例はこちらからご確認ください。