面接前日って何を準備すれば良い?

面接の前日は中々寝られないなど、緊張して過ごしているのではないでしょうか。せめて面接当日に焦るようなことがないよう、万全の準備を整えてから就寝したいものですね。

面接のイメージトレーニングを行う

想定される質問や逆質問を含めてしっかりと上手にできるようにイメージトレーニングをしましょう。面接でスラスラと答えらるようなイメージを頭に残すことで、当日に自信を持って面接に臨むことができます。どんな質問がくるのか思い浮かばない場合には下記のコラムを参考にしてください。

参考記事 【模範解答付き】よく聞かれる面接質問24選

面接案内のメールを見返す

面接の会場や時間、指定された持ち物、服装、面接の担当者の名前などを改めて確認しましょう。

面接会場までのルートを確認する

面接会場にはゆとりを持って到着できるように今一度ルートを確認しましょう。特に大きな駅を利用する場合には該当の出口まで遠かったりするので注意が必要です。また、公共交通機関に遅れ等が発生した際に備えて可能な場合はセカンドプランを練っておくとベターです。

服装を確認する

靴や鞄を含めて面接当日に着る服の準備を整えましょう。スーツの着用を指定された場合は下記のことを今一度確認しましょう。

服装チェックリスト!
  • スーツにしわはないか・汚れはないか
  • 面接に適切なネクタイやベルトがあるか
  • 襟や袖に汚れはないか
  • シャツはアイロンがかかっているか
  • 靴は磨いてあるか
  • ストッキングに穴はないか

持ち物を確認する

最低限必要なものをまとめました。極度の緊張状態の場合には、いつもならしないようなミスをしてしまうこともあります。今一度確認してみましょう。

持ち物チェックリスト!
  • 提出した履歴書やエントリーシートその他の書類
  • 求人情報や会社概要などの資料
  • 筆記用具
  • スケジュール帳
  • 携帯
  • 腕時計
  • ポータブル充電器
  • ハンカチ
  • ティッシュ
  • 身だしなみチェック用の鏡
  • 予備のストッキング

また、面接日が雨の場合には追加でタオルなどを持ちましょう。詳しくはこちらをご覧ください。

参考記事 雨の日の面接でのマナー

アラームを設定する

面接当日に寝坊するようなことがないように、しっかりとアラームを設定しましょう。特に、普段とは違う時間帯に起床をする場合には注意が必要です。

よく寝る

なかなか難しいとは思いますが、しっかりと寝ましょう。そのため、カフェインを摂取する場合には気をつけましょう。また、寝られないからといってお酒に頼ることも良くありません。寝付けない場合にも布団に入り、寝ることができるように努力しましょう。

さいごに

面接は多くの人が緊張しますが、できるだけリラックスして受けられるよう入念な準備をすることが、緊張を軽減する方法の一つです。ポテリクでは、納得のいくまで何度でも面接練習をすることができます。面接当日に自信を持って家を出られるよう、少しでも面接に不安が残る方は、ぜひ一度ご相談ください。