ビジネススーツの選び方【女性編】

書類選考を通過し、いよいよ面接選考へ進んだときに気になるのが服装。特に女性の場合には普段職場でオフィスカジュアルが許されていると、しっかりとスーツを着用する機会はあまりないため悩みどころではないでしょうか。

前提として絶対に抑えるべきポイント

清潔感

清潔感のない人とは一緒に仕事をしたいとは思いませんよね。スーツ選びに限らず、清潔感のある服装を心がけることは社会人として最低限のマナーです。汚れのあるスーツやタバコ臭のするスーツは避けるようにしましょう。

身体のサイズにあっているかどうか

だぼだぼのスーツでは、だらしなく見えてしまい第一印象が悪くなってしまいます。必ず自分にあったサイズのスーツを着用するように気を付けましょう。特に普段スーツを着用しない人で手持ちのスーツで面接に臨むことを考えている場合、一度持っているスーツを着用してみてサイズ感を確認してみることをおすすめします。

社会人にふさわわしいかどうか

就職活動の際にはリクルートスーツを着用していれば、特に問題がなかったと思いますが、ビジネススーツは色や柄、型が多彩にあり、選択肢が広がります。そのため、どのようなスーツが正解か答えがないように感じるかもしれませんが、面接に適したスーツを選ぶコツは、社会人としてふさわしいかどうかです。

企業HPを確認してみる

企業ホームページには、社員のインタービューや社風を伝えるための写真が多数掲載されているはずです。自分の持っているスーツが社風に合っている服装なのかを考えてみるのも良いでしょう。

リクルートスーツを着用しても良いか

リクルートスーツは基本的に就職活動において着用するものであり、転職活動の場合にはビジネススーツがよりふさわしいとされています。特に女性の場合にはリクルートスーツとビジネススーツに大きな違いがあるため、なるべくビジネススーツを着用するようにしましょう

スーツの選び方

パンツかスカートかは自分の与えたい印象に合わせる

パンツでもスカートでも基本的に選考結果には影響を与えません。しかし、どちらを選ぶかによって印象は変わります。パンツスタイルの場合にはアクティブな印象を与えることができるため、営業などの面接に向いています。一方スカートスタイルの場合には柔らかい印象を与えることができるため、事務職や秘書の面接に向いているでしょう。とはいえ最終的には自分の好みや、普段から履きなれている方を選んでしまって問題ありません。

色や柄は落ち着いたものを選ぶ

ネイビーやグレーなどの暗めの落ち着いたカラーを選びます。柄は無地や目立たない柄のものが好ましいです。ただしスーツの色を黒にする場合には、リクルートスーツとの差別化を図るためにも柄があるものを選ぶとよいでしょう。

インナーの選び方

どの型を選ぶにしても基本的には白色を選びます。女性の場合にはインナーの形として様々な選択肢がありますが、どれを選んでも構いません。特にリクルートスーツを着まわす場合には、インナーに派手すぎない淡い色を使用したり、派手になりすぎない柄のものを着用するだけで印象を変えることができます。ただしフリルの多いブラウスや柄が派手なものは避けましょう。また、胸元が開きすぎているとだらしない印象を与えてしまうので気を付けましょう。

靴の選び方

靴は黒のパンプスがベストです。ヒールの高さに指定はありませんが、3cmや5cmが一般的であると言われています。また、パンプスはつま先やかかとが露出するものは面接には向いていませんので注意しましょう。また、ストッキングはパンツでもスカートでもベージュ系のものを着用するようにします。

さいごに

服装は面接官の第一印象を決定づける要素の大部分を占めます。事前に準備できる部分ですので、面接にふさわしいスーツをしっかりと選ぶようにしましょう。