面接で服装自由と言われたら何を着ていく?

特に指定がなければ面接にはスーツで行くのが当たり前ですが、事前にしっかりとに「スーツでお越しください」と言われると、選択肢が狭まり、楽だと感じる人も多いのではないでしょうか。一方、服装自由と言われると一気に選択肢が増え、困惑してしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

企業はなぜスーツを指定しないのか

企業がスーツ着用を指定してこないのには基本的に2つの意図のどちらかが当てはまります。

・スーツでは現れにくい私服のセンスをチェックしたい
・応募者の負担を減らしたい

最初の意図は、アパレル業界や私服で接客をする業務に携わる場合に多くあります。この場合には、没個性的にならぬようセンスをみせつつもビジネスカジュアルから外れないようにします。

一方、後者の場合には応募者に負担をかけないようにという企業側の配慮です。服装のセンスをチェックしているわけではなく、リラックスして面接を受けてほしいという意図なので、気負わずにビジネスカジュアルに沿った服装が好ましいでしょう。

前提として絶対に抑えるべきポイント

清潔感

どんな服装でも、清潔感のある服装を心がけることは社会人として最低限のマナーです。汚れやシミのある服やタバコ臭のする服は避けるようにしましょう。

身体のサイズにあっているかどうか

普段着でだぼだぼの服を着ることはオシャレに見えるかもしれませんが、ビジネスの場においてはだらしなく見えてしまい第一印象が悪くなってしまいます。必ず自分の身体にあったサイズの服を選びましょう。

社会人にふさわしいかどうか

TPOをわきまえた服装を選ぶようにしましょう。社会人としてふさわしい服装かどうかの基準は、その服装で客先を訪問できるかどうかです

企業HPで働いている人がどんな服を着ているかチェックする

多くの企業ホームページでは、会社の雰囲気や社風を伝えるために社員の写真やインタビューを掲載しています。それらを参考にすると、どんな服装で働いているのかよくわかります。一度ホームページをチェックしてみましょう。

服装自由にはビジネスカジュアルが無難

服装自由と言われた場合には、ビジネススーツほどかっちりとした印象は与えないにしても、清潔感があり、しっかりとした印象を与えられるような服装にまとめることが望ましいでしょう。 このような場合、男女ともにジャケットを着用するとビジネスカジュアル感が増し、印象が良くなります

男性の場合

ジャケットと、チノパンなどのパンツを着用するときちんとした感じがでます。このような服装の場合には、ネクタイは着用しなくて大丈夫です。ただし、一般的なビジネススーツからネクタイを外しシャツの第一ボタンを外すといったことは、一貫性がなくだらしない印象を与えてしまうのでやめましょう。服装自由だからといってビジネススーツを着て面接を受けることがダメな訳ではありません。仕事おわりに面接が

女性の場合

上下別々で組み合わせると、ビジネススーツのようなかっちり感がなくなります。色もベージュやキャメル、グレーなどを上手に利用すると良いでしょう。ただし、靴はパンプスにし、素足は避けストッキングを必ず着用するようにしましょう。

男女ともに避けるべきアイテム

次にあげるアイテムは服装自由でも基本的には避けることが好ましいでしょう。

  • ジーンズやデニム
  • Tシャツ
  • スウェット
  • パーカー
  • ジャージ
  • サンダル

ビジネススーツで面接の望んでも良いか

服装自由と言われた場合、基本的にはスーツも含めて自由に服装をチョイスすることができます。そのため、迷った場合にはビジネススーツで面接に臨んでかまいません。

一方、「私服でお越しください」と指定された場合には、採用担当者は私服のセンスをチェックしたい場合があります。スーツの着用を避け、コーディネートを考えましょう。

さいごに

服装は第一印象を決定づける重要な要素の一つです。清潔感を意識し、社会人としてふさわしい服装を心がけましょう。