よく聞かれる面接質問24選【将来についての質問編】

もし入社できたらどのように成長したいのか長期スパンで物事を見る力が必要となります。 また、選考企業では到底実現することのできないことを述べてしまうと入社する意味を伝えられないので気を付けましょう。

「5年後のキャリアプランを教えてください」と聞かれたら

返答例

誰もが同じように業務をこなせるよう簡易性を追求し、業務の効率化を図るとともに、後輩にそれらを指導する立場になりたいと考えております。 前職では、同様の作業をする時 に誰でも簡単に行えるように、数式を組み込んだりマクロを使用したりして、簡易性を追求しました。その 結果、次の担当者への引き継ぎもスムーズに進みました。 これまでに身に着けた事務能力に加え、マネジメントスキルを身に着け、部署全体の業務の効率化を図りたいと考えております。

回答のポイント
実現可能なキャリアプランを述べる

高い目標を持つことも大切ですが、実現不可能であると思われてしまうようなキャリアプランを述べることは良くありません。5年後にどのように成長し、応募先企業に貢献していくのかを答えましょう。

よくあるミス

「御社に入って実際に経験してみてから考えたいと思います」といった返答は良くありません。この質問に答えるには、その業務に対しての事前知識がないとなかなか回答を考えることは難しいです。実際に入って見てから、面接時に言ったキャリアプランと変更があるかもしれませんが、面接時点でのキャリアプランを答えることが大切です。 また、似た質問に3年後や10年後のキャリアプランを聞かれることもあるので準備しておきましょう。

参考記事 キャリアプランとは