面接で第一印象アップの方法

面接だけでなく、日常においても第一印象は大きな影響力を持っています。面接の場において最も大切なことは受け答えではありますが、円滑に面接を行うためにはやはり重要な部分となります。

表情

面接のは大変緊張する場面かと思いますが、まずはしっかりと表情に気を配りましょう。明るく自然な笑顔で面接を受けることが重要となります。面接官も面接が求職者にとって緊張の瞬間であることは当然把握しています。だからこそ、この場でしっかりとした表情で話すことができれば、プレゼンや商談の機会でしっかりと活躍をしてくれそうだなという印象を面接官に持たせることができます。表情に自信がないという場合にはまずは「口角を上げる」 ことと「目じりを下げる」という2点を意識してみましょう。

身だしなみ

ビジネススーツ、私服に関係なく、まずは清潔感を心がけましょう。清潔感は、服だけでなく髪型や鞄などにも現れます。服装のチェックポイントに関しては、下記の記事を参考にしてみてください。

参考記事 ビジネススーツの選び方【女性編】 ビジネススーツの選び方【男性編】 面接で服装自由と言われたら何を着ていく?

ビジネスマナー

面接官は、求職者が常識的なビジネスマナーをもって面接に臨んでいるかどうかもしっかりとチェックしています。特に、社会人を経験した上でのビジネスマナーとなりますので、就職活動の時とは違い厳しく見られているということを忘れないようにしましょう。

声の大きさ

声の大きさは、いつもの1.3倍くらいを意識しましょう。面接では、緊張してしまい、どうしても普段よりも声が小さくなる傾向にあります。いつもより少し大きめのボリュームにすることで、元気でハキハキとした印象を与えることができます。小さい声よりも確実に大きな声の方が良いので、いつもより大きめの声を出すように心がけましょう。

言葉遣い

適切に敬語を使用して話すことができていますか?普段から敬語を使って話す環境で仕事をしている方は問題ないでしょうが、そういった機会がない場合には注意が必要です。敬語は普段から使用しないと中々なめらかに使うことができません。不安がある方は下記の記事をチェックしてみてください。

参考記事 面接で注意したい敬語

話し方

ハキハキと語尾を最後まで消さないように話しましょう。おどおどと話してしまうとそれだけで自信がなさげに見えてしまいますし、魅力的な人物に見えなくなってしまいます。また、語尾がだんだんと小さくなってしまう方がいますが、そのような話し方も改めましょう。緊張するとなかなか上手に話すことができませんが、せっかく素晴らしいことを言っていても話し方が適切でないと、その素晴らしさが完全には伝わらなくなってしまいますので注意しましょう。

自分の第一印象をスマホで確認

上記のことを踏まえて一度、自分の第一印象をスマートフォンで録画して確認してみましょう。自分が面接官だったらどんな印象を得るかという視点で録画を確認してみましょう。

面接対策はポテリクで

ポテリクは専任のエージェントが応募先会社や面接タイプにあわせて模擬面接を実施し、丁寧なフィードバックをする事で、ご利用者の方には自信をもった面接に臨んで頂いております。面接は、何度も経験し、ブラッシュアップを重ねることでより良くなります。ポテリクの模擬面接で経験を積んで本番の面接で最高のパフォーマンスを発揮できるようにしましょう。