【これで大丈夫】面接が苦手な人向け面接対策

面接は、何度経験しても苦手と感じている人が多いのではないでしょうか。今回は面接が苦手だと感じる人に特化した記事をお届けします。

面接が苦手だと感じる理由を明確にする

面接が苦手と感じる人にもそれぞれタイプがあるのではないでしょうか。タイプごとに対処法も変わってきますので、まずは自分がどうして苦手と感じるのか探ってみましょう。下記にそのケースとケース別の対処法を挙げてみました。

緊張してしまう場合

緊張するとなかなか普段通りに話すことができなくなってしまいます。特に緊張する人に多い特徴は話すスピードが早くなってしまうことです。せっかく良いことを喋っていても、話すスピードが早すぎると面接官に伝えきることはできません。まずはゆっくりと話すことを意識しましょう

また、人間は緊張してしまうと顔がこわばってしまう傾向にあります。自然な表情がベストですが、緊張している場合には中々難しいと思うので、眉に意識を集中させるように心がけましょう。なぜなら、眉をあげると自然と目が開くからです。やりすぎると変ですが、面接中少し意識して眉をあげるように心がけてみましょう。

目を見て話せない場合

面接官や自分が話している際にしっかりと面接官の目を見ながら会話はできているでしょうか?目をそらしたまま話しをすることは、良い面接の態度とは言えませんし、せっかく良いことを言っても評価に繋がりません。友人や家族との日常の会話では、意識せずとも自然と相手の目を見てコミュニケーションを取れているかと思いますが、面接の場においても同じようにできる人は決して多くはありません。

緊張等あるとは思いますが、面接もコミュニケーションの一環ですから、しっかりと目を見るように意識をしましょう。とはいえ、最初から中々上手くはいかないと思いますので、まずは面接官の顎や鼻を見るようにするところから始めてみましょう。

回答を準備したのに上手く話せない場合

質問への回答を丸暗記してそれを面接で述べようとしていませんか?丸暗記したことをそのまま話そうとするとどうしても棒読みになってしまい、面接官とのコミュニケーションが円滑でなくなってしまいます。また、ど忘れした場合にはせっかく準備したのにそれを生かすことができません。

用意した回答を面接で最大限発揮するポイントは、回答を丸暗記せずに方向性のみを暗記し、面接では自然体で話すように心がけるということです。面接官はあなたが予め用意しておいた回答を知ってるわけではありませんから、用意した文章と同じように話す必要はありません。とはいえ軸がブレるのは避けたいので、方向性だけは決めて話すという練習をしてみましょう。

話しが長くなってしまう場合

面接で話しが長くなってしまう方の多くが、要点を絞らずに話しています。面接の場で少しでも多く自分を知ってもらい内定に繋げたいという気持ちはわかりますが、的を絞って端的に答えられるように練習しましょう。基本的にどの質問の回答も一分あれば十分です。ストップウォッチやスマートフォンの録画機能等を利用して、自分が端的に話すことができているのか研究してみると良いでしょう。

面接練習ならポテリクに

このサイトを運営するポテリクでは自信をもって面接に臨めるよう、何度でも面接練習を行うことができます。専任のエージェントが応募先企業や面接タイプにあわせて模擬面接を実施し、丁寧なフィードバックをすることで、自信をもった状態で面接を行うことができます。面接は、何度も経験し、ブラッシュアップを重ねることでより良いパフォーマンスを発揮できるようになるものです。少しでも面接に対して不安がある場合にはポテリクに是非一度ご相談ください