一次面接・二次面接・最終面接のそれぞれの特徴

書類選考を突破したらいよいよ面接選考です。面接選考では多くの企業が複数回面接を設けていますが、それぞれに違いや特徴があります。それぞれの面接に必要な準備をして、内定を掴みましょう。

一次面接の特徴

一次面接の最も大きな特徴は対象となる選考人数が最も多いことです。企業によってその数は異なりますが、書類を通じて少しでも「会ってみたい」と思ったら書類選考を通過させ、一次面接の案内を送ります。この一次面接で合格者の数をぐっと減らしてくる企業も多いため最初の難関といえるでしょう。また、面接官は人事採用担当者の場合が多いため、質問としては一次面接で面接官はここをチェックしている!

ビジネスマナーや社会人としての最低限のコミュニケーション能力

新卒を対象とした面接の場合、ビジネスマナーを知らないが故の無作法には目をつぶることもあります。しかし、転職者向けの場合は一度社会を経験した人物であるという前提で面接官はチェックをしています。言葉遣いや基本的な敬語などは当たり前に使えることが前提となりますので、普段あまり意識していない人はチェックが必要です。また、アイコンタクトを取らず下を向いて喋ったり、おどおどとしゃべったりすることのないようにしましょう。

基本的な会社情報を知っているか

企業が多くの応募者の中から内定者を選ぶように、転職者も数多ある企業の中から転職先を探します。そのため、企業としては応募者がどれくらい自社に入りたいのかを知るために基本的な会社概要を把握しているか確認します。基本的な会社概要を知らないと、面接官に質問をする機会で、ホームページなどに載っているようなことを質問してしまい、面接官に本気度が低いなと思われてしまうケースもあります。貴重な時間をいただいているという意識を持ち、しっかりと調べた上で面接に望みましょう

参考記事 企業研究ってどうやるの?

面接だけでなくテストを行う企業も

全ての企業ではありませんが、一部の企業では面接とともにテストを実施するケースがあります。面接の案内が来た際にはよく確認し、準備を怠らないようにしましょう。

参考記事 【SPIに取り組む前に!】SPIテストの失敗談

二次面接の特徴

現場の担当者や入社した際の上司となる人が面接官となるケースが多くありますので、一次面接よりも深い質問が多くなる傾向にあります。入社後に具体的にどのような仕事をしたいかやどのようなキャリアを歩みたいかなど、この企業で活躍してくれるかどうかを確認します。ですから、面接官が具体的にその会社であなたが活躍しているイメージをもてるようにすることが大切になります。そのためには、会社がどのようなビジネスを行っているかだけでなく、応募したポジションではどのようなスキルが必要とされているのかやどのような強みを生かせるのかをアピールする必要があります。

二次面接で面接官はここをチェックしている!

最終面接に適しているか

二次面接を終えると最終面接へと進むことになるのですが、そこでの面接官は会社役員や社長が行うケースが多いです。そのため、二次面接では、この応募者を社長や役員に会わせられるかという観点からも選考を行っています。誰を最終面接に進めるかは面接官の評価にも影響するため、一次面接よりも比較的厳しくなる傾向にあります。

スキルや経験

入社後に活躍してくれるかを知るための目安としてスキルや経験を確認します。これまでどのようなスキルを獲得し、どのような強みをそのポジションで生かせるのかをしっかりと整理してから面接に望むことが重要です。

最終面接の特徴

最終面接は役員や社長など採用の決裁権をもった人物により行われます。そのため、現場でどのように活躍するかなどという部分よりも、この会社に対する入社意欲や貢献度を確認します。

最終面接で面接官はここをチェックしている!

会社の経営方針と応募者のキャリアビジョンがマッチしているか

会社は、一人を採用するにあたり様々なコストを負担しています。そのため、入社後すぐの退職は避けたいものです。どんなに優秀な人材でもキャリアビジョンと会社の方向性が大きく違えば、長期で働く可能性は下がるとみなされます。自分のキャリアビジョンを大きく曲げる必要はありませんが、自分のキャリアビジョンがどのように会社の経営方針に貢献できるのかを整理しましょう

高い入社意欲

会社としてはなるべく内定辞退をされるのを避けたいものです。同業他社と比較するなどして、どうしてその会社に入社したいと考えるのか、しっかりとまとめましょう。

さいごに

それぞれの段階で特徴はありますが、二次面接の結果で内定が出る場合など、企業によって面接のフローはさまざまです。それぞれの段階でしっかりと準備をしてから面接に臨みましょう。ポテリクでは面接練習を不安が取れるまで何度でも行います。面接対策に不安が残っている場合はぜひ一度ご相談ください。また、ポテリクでは面接でよく聞かれる質問を24つに厳選してまとめております。面接前に、それぞれの質問に回答を用意しておくことをおすすめします。

【模範解答付き】よく聞かれる面接質問24選