面接での自己紹介のポイント

よく面接の冒頭で面接官から言われる「では自己紹介をお願いします。」という言葉。なにをどこまで喋るのが正解なのでしょうか。

自己紹介を通して面接官はここをみている

自己紹介は基本的に一番最初に聞かれる質問です。採否が決定するようなすごく大事な質問ではないかもしれませんが、この質問への返答が面接官への第一印象を決めることになります。この質問で面接官は簡単にどんな職務経歴をもった人物かや、コミュニケーション能力を見極めています。ですから、ここでだらだらと話すことは、かえって魅力ダウンにつながります。

「自己紹介をお願いします」への返答は1分程度で

採用担当者が一番最初にこれだけを聞かれた場合には、一分程度で下記4つを述べます。

  • 名前
  • 最終学歴
  • 応募先企業でアピールにつながるような職務経験
  • 意気込み
  • 締めの言葉
    「本日はよろしくお願いします。」等

職務経験に関しては面接の中で別途時間を設けて話すことになりますので、簡潔に要点をまとめるように気を付けます。また、実績をアピールする場合には実績の数値も含めて話すと、わかりやすくなります。沢山アピールできる場合にも、ここでは語りすぎないようにしましょう。ちなみに1分話すと300字程度になりますので、これを目安に話すことを事前にまとめておくと良いでしょう。

自己紹介と自己PRは違うので注意を

自己紹介と自己PRを混同している人が見られますが、それぞれ大きく異なります。

自己紹介とは

自己紹介はこれから>面接を行う上で自分が誰であるのかを伝えるためのものです。面接もコミュニケーションの一つであり、今後の面接を円滑に行うために自分の名前や所属を伝えます。ですから、そこで自分自身をいきなりアピールしても、「質問の意図が伝わっていない」という印象をあたえてしまうのです。

自己PRとは

自己PRとは、自分自身の強みやスキルをアピールする場です。自分自身の魅力を伝え、採用担当者に「この人を採用したい」と思ってもらうことがゴールです。経験などを含めて遺憾なく自分自身をアピールしましょう。

企業によって指定がある場合も

面接によっては下記のような指定があることもあります。面接最初の質問の場合が多いですから、すらすらと話せるとその後もスムーズに展開しやすくなると思いますので、それぞれ対策を事前にしておくと良いでしょう。

  • 「3分程度で自己紹介をお願いします」
  • 「これまでの経歴を踏まえて自己紹介をお願いします」

さいごに

自己紹介はどの面接でも最初に話すことになるかと思います。第一印象が決定される重要な質問となりますので、すらすらと言えるよう練習をしておきましょう。また、ポテリクでは、不安がなくなるまで何度でも面接練習を行っています。自信をもって面接に臨みたいという方は是非一度ご連絡ください。