なぜ面接でほかに受けている企業を聞かれるのか

最終面接などでよくきかれるこの質問。多くの方が複数社受けた状態でいるため、返答に詰まるという方もいるのではないでしょうか?

なぜ企業は他社の選考状況を聞くのか

企業への志望度の高さを知りたい

企業はこの質問を通して自分の会社へどのくらい入社する意欲があるのかを知ろうとしています。これは、内定を出したにも関わらず内定辞退などが続くと、想定していた採用人数を下回り、業務などに支障をきたす可能性があるためです。第一志望先でなくてもどれほど本気で入社を検討しているのかは、企業にとって非常に重要な情報となってきます。

どのような転職活動を展開しているのかを知りたい

求職者がどのような企業を受けているのかを知ることで、どのような軸をもって転職活動を行ってきたかを知ることができます。志望動機として食品業界で働きたいということについて言及したにもかかわらず、例えば、実際に応募しているのは全く食品とは関係のない企業を受けていると、採用担当者側としては、転職活動に一貫性がなく、軸がぶれているという悪印象を抱きかねません。

答えるときのポイントは

正直に堂々とはなす

基本的に正直に話すことが望ましいです。また、わざわざ嘘の情報を言うことは避けましょう。せっかく受かっても最悪の場合内定取り消しにつながる可能性があるためです。企業側も採用のプロです。転職希望者が常に第一希望として自分の会社に応募しているわけではないことは理解していますので、堂々と自信をもって現状を伝えましょう。

具体的に話す場合には一貫性を持たせる

今現在応募している複数の企業が一つの軸に沿っている場合には、どのような軸をもって応募企業を選んでいるのかをアピールできるチャンスです。言及する時のポイントは、業界や職種などを統一して一貫性をもたせるようにすることです。

面接先の会社で働きたいということをしっかりと伝える

どんなに優秀な人物でも、志望度が低い場合には、面接官は自社にマッチしていないと判断して希望度が高い他の応募者を優先して内定を出す場合もあります。ですから、その会社で働きたいということをアピールしないということはとてももったいない行為です。

なぜ働きたいのかや何に魅力を感じ応募したのかを整理し、採用担当者に熱意を伝えられるように準備することが大切です。

既に落選した企業に関しては言及する必要はない

これについては、「他社は何らかの懸念点があってこの人を落としたんだな」という感想を面接官に抱かせてしまうため、基本的に良い事はありません。選考に進んでいる企業のみで話を展開させましょう。

一社しか受けていない場合は

一社しか受けていない場合、転職自体が本気ではないという見方をされてしまう場合もあります。そのため、しっかりと理由を話す必要があります。理由はごまかす必要はなく、「現職が忙しく的を絞ってその会社しか受けていない」とか、「遠方からの場合には交通費がかなりかさむため、強く志望している会社を選んだ」など、具体的に話しましょう。

このような場合、その企業が第一希望ということになると思いますので、自分自身がどうして応募先の会社ではいけないのか、同業他社ではだめなのかを含めて、しっかりと答えられるように準備しましょう。

さいごに

転職の面接では避けられないこの質問ですが、とにかく堂々と自信をもって話すことが大事です。面接という特殊な空間は、誰もが緊張しますし、不安を感じます。ポテリクでは、何度でも面接対策ができるため、納得できた状態で本番の面接に臨むことができます。ぜひ一度、ご利用を検討してみてはいかがでしょうか。