第二新卒の自己PRの書き方

第二新卒として転職を行う場合、自己PRを書く際に気をつけるべきことをまとめました。

第二新卒の自己PR作成のポイント

下記の4つの内容を含められるように作成してみましょう。

第二新卒ならではの強み

他の転職者とは違い、社会人経験が浅いことは、実は一つのアピールポイントになります。一般の転職者との違いを第二新卒ならではの視点からアピールしましょう。

参考記事 企業はなぜ第二新卒を採用するのか

これまでの社会人経験の中で身につけたこと

これまでの社会人としての経験を素直に書きましょう。新卒とは違い、ビジネスマナーや社会人スキルが身に付いており、業務について教育すれば即戦力となれるような人物を採用側は求めています。

他の第二新卒との違い

第二新卒という言葉が浸透したことからもわかるように、多くの第二新卒が転職を考えて活動をしています。ですから、他の第二新卒との違いをアピールしましょう。「営業成績が同期の中では一番だった」など、具体的なエピソードを含めるように気をつけましょう。

意欲

現在から転職後のことを考え何か勉強したり準備したりしている場合にはアピールするようにしましょう。向上心や意欲の高い人物であることを示すことができます。

第二新卒の自己PRの注意点

エピソードが学生時代のものばかりになる

第二新卒で特にすぐに退職をしてしまった場合、なかなか社会人として書くべきことが見つからないかもしれません。そのような場合に、学生時代のエピソードばかりになってしまいがちですが、必ず社会人としてのエピソードや経験を交えるようにしましょう。なぜなら、企業は新卒ではなく第二新卒を求めているからです。この両者の違いは、社会経験があるかどうかです。社会人としてどのようなことを身に着けたかや、社会人としての経験をどのように応募先の企業で生かすことができるのかを採用担当者側は知りたがっています。

エピソード内容を盛る

第二新卒の場合、会社を左右するような大きな商談などに参加させてもらっても、先輩や上司がその場を取り仕切り、新卒はその準備やどのように進むのかを見学させてもらうことが主な役割であり、主体的に契約の締結に関わるといった経験はなかなかないのではないのでしょうか。本当にそのようなことを経験している場合は良いのですが、採用担当者側も、第二新卒にはそういった大きな経験や実績ではなく、フレッシュさややる気、新卒にはない社会人としての最低限のスキルや経験を求めています。前職で経験したことを盛って話すのではなく、どのようなことを学んだか、与えられた役割の中でどのように貢献できたのかをアピールするようにしましょう。

前職を批判する

これは第二新卒に関係なく転職活動の際に気をつけたいポイントですが、前職の批判は悪い印象を与えるだけですので絶対にやめましょう。退職や転職の理由を述べる際には、必ず前向きな理由にするようにし、この転職がポジティブなものであるという印象をつけましょう。

参考記事 面接で退職理由を聞かれたらどう答えるべき?

第二新卒の転職ならポテリク!

ポテリクは第二新卒や20代を中心に転職支援サービスを実施しています。応募書類の添削や面接練習などを通してポテンシャルを秘めた若者がキャリアアップできるよう二人三脚で支援してまいりますので、是非一緒に頑張りましょう!

【特徴まとめ】ポテリクを利用して転職しよう!