未経験職種への志望動機の書き方

これまでの経験や実績がなかなかアピールしにくい未経験職種への応募ですが、志望動機の書き方は、経験職への転職と同じようで良いのでしょうか?

まずは志望動機の基礎を知る

経験職種、未経験職種に関わらず、志望動機を書く前に知っておくべきことは、きちんとご存じでしょうか? 志望動機は、採用担当者が重点を置いてチェックをする項目のひとつです。志望動機について、少しでも不安がある人は下記のページを参考に、志望動機の基礎を学びましょう。

参考記事 志望動機を書く前に知っておきたいこと

未経験者に採用企業が求めていることとは?

未経験者を積極的に募集している求人もありますが、中途採用の場合には経験は大きなアピールポイントとなります。ですから、経験者に負けないような魅力的なアピールをすることが重要です。採用担当者はどのような場合に未経験者でも魅力的な人材であると感じるのかというと、経験がなくても入社後に活躍してくれる姿がイメージできる人材です。それを具体的に表すと下記の3つのポイントがあげられます。
・積極性がある
・適応力が高い
・前職で実績がある
最初の二つの項目に関しては、入社後に必要不可欠な特性です。経験者にも必要になりますが、未経験者は学ぶべきことや知らなくてはならないことなどが沢山あります。そのため、これら二つの要素がないと、入社後に活躍できる人材になれないとみなされてしまいます。また、前職で一定の実績がある場合には、ポテンシャルが高く、他の職種でも活躍できるのではないかと採用担当者は考えます。ですから未経験者でも魅力的に見えるのです。

未経験職種への志望動機で盛り込みたいこと

全てを記載する必要はありませんが、経験者と違って下記の要素を志望動機に取り込むよう意識をしましょう。

スキル以外の部分の企業の求める人材像をマッチさせる

企業理念などを確認し、スキルや経験面ではなく、どのような人物を求めるのかを把握したうえで自分とマッチさせるようにしましょう。

その職種に向けて準備していることをアピールする

資格を取得している場合には必ず記載しましょう。ただし、資格がない場合にも勉強中であればそのように記載し、自分がその職へ転職するためにしている努力をアピールしていきましょう。

職種が違っても生かせる自分の経験や強みをアピールする

職種が違っても、社会人としての基礎的スキルやマネジメント力、コミュニケーション能力など、どの職場でも生かせるスキルはあります、それらについて記載できる事項があれば積極的にアピールしましょう。

気を付けるべきこと

未経験への転職の場合、特に下記事項を志望動機で書くことは評価ダウンにつながりますので注意しましょう。

教えていただくという受け身のアピール

職場は学校ではありませんから、ゼロから教えてもらおうというスタンスは、良くありません。このようなアピールの場合、企業は教育費という莫大なコストを負担しなければならず、経験者の方が魅力的に見えることが一目瞭然です。自ら学んだり努力をしたりするというスタンスでなければ、経験者を上回るような魅力的な人材には見えないでしょう。

アピールが熱意だけで終始している

熱意も転職する上では非常に大事ですが、それだけではなかなか内定まで結びつかないでしょう。採用担当者は、熱意だけでなく、具体的に何ができるのかに着目しています。自己分析やキャリアの棚卸を通して、応募先の企業でどのようなことを自分ができるのかを具体的にアピールするようにしましょう。

さいごに

いかがでしたでしょうか。未経験職種への応募は、ライバルである経験者よりも実績や経験がないため、ハードルがあがりますが、上記のことを意識して志望動機を作成してみてください。