自己PRを書く前に知っておきたいこと

自己PRは経歴などには現れない自分の良さや仕事に対する態度を示すための重要な項目となります。どのようなことを抑えれば良い自己PRを書けるのかまとめました。

なぜ自己PRを聞かれるのか

採用担当者は自己PRを通して「何ができるのか」「どのようにそれを発揮した経験を持つのか」「入社後どうそれを生かすことができるのか」ということを判断します。どれも書類選考をする上で重要な判断材料となります。「何ができるのか」は、あなた自身の強みやアピールポイントを簡潔に伝えます。「どのようにそれを発揮したのか」は、最初に説明した強みやアピールポイントをどのようなシチュエーションで、どう発揮したのかを記述します。そして最後に、入社したらその強みやアピールポイントをどのように発揮して貢献していくのかを記述することで、採用担当者はその応募者が入社後に活躍するイメージを描きやすくなります。

受かる自己PRを作成するために大前提に抑えておくべきこと

自己PRは、自分の強みと企業が求める人材像の合わさった部分を書く

自分の強みを書くだけでいいと考えている人もいますが、選考を通過しやすい自己PRを書くには、企業がどのような人材を求めているのかしっかりと把握し、それを自分の自己PRに反映させる必要があります。ですから、事前に自分の強みをいくつか把握しておき、応募先の企業やポジションに合わせて臨機応変にアピールポイントを変える必要があります

作成する前に入念に準備の時間を取る

自己PRは、自己分析や企業研究で得た情報を用いて作成します。ですから、これらがないと、ありきたりな文章になってしまったり、内容の浅い文章になってしまったりします。しっかりと自分の魅力を最大限アピールするためにもしっかりと時間を取るようにしましょう。

同じ文章を使い回さない

自己PR文は自分のことをアピールするだけでいいと考えている人は、文章を変える必要はないと考えるかもしれませんが、必ず新たな自己PRを作りましょう。自己PR文を使い回すと、その会社でどのように貢献できるのかという点において具体性にかけ、説得力のない文章となっていしまいます

ネットの例文をコピペして使わない

採用担当者は数多くの履歴書や職務経歴書に目を通します。ネット上にあふれている自己PRの例をコピペしたり、「少し変えればいいや」と思っても簡単に見破ることができます。一社一社それぞれに考えるのは大変時間のかかる作業ではありますが、それによって内容の濃いオリジナリティあふれる文章が作成できますので、必ず時間をかけて作成しましょう。

自己PRを作成する前に整理すること

それぞれの企業への応募書類を作成する前に下記の3つを整理しておくと比較的簡単に自己PRを作ることができるでしょう。

1.まずは自己分析とキャリアの棚卸しを行う

まずは、自己分析とキャリアの棚卸しを行います。この二つを通して、自分自身の強みとそれを発揮することができたエピソードを整理しましょう。この際に、一つの強みに絞るのではなく、複数の強みを発見することを意識しましょう。

参考記事 転職を成功に導くための自己分析の方法とは? 【転職を成功させる】キャリアの棚卸しの具体的方法

2.応募先の募集要項や企業理念を確認する

募集先企業やポジションがどのような人物を求めているのかを調べます。この情報を基にしてどの強みやどのエピソードを記述するのか絞ることができるので、念入りに行いましょう。

参考記事 企業研究ってどうやるの?

3.入社後に具体的にどのようなことをやりたいのかを考える

入社できたらどんなことに取り組みたいのかまずは思いつくままにリストアアップしてみましょう。思い浮かんだやりたいことを達成するために自分の強みをどのように生かすのかをリンクさせることで、採用担当者は入社後に職場で活躍するイメージを描きやすくなります。

自己PRを作成する

上記で整理した3つのことをまとめて自己PRを作成します。作成する際のポイントは、採用担当者が会ってみたくなるような文章を作成することです。上記の3つを整理してもなかなか作成が捗らない場合には下記の記事を参考にしてみて下さい。

参考記事 【例文付き】スラスラ書ける自己PR作成のコツ エピソードから考える自己PR

自己PRがなかなか書けないときは

なかなか自己PRが思い浮かばない時には、転職エージェントを利用することをおすすめします。ポテリクでは、自己PRを含め、応募書類の添削や、内容に関してのアドバイスを行っております。少しでも不安がある場合は是非ご利用ください。

さいごに

いかがでしたでしょうか。今回の記事で紹介したことはあくまで基礎的な部分です。しかし、未経験職種への応募や、第二新卒での応募、同じ職種への応募などそれぞれのパターンでも使用できるはずです。まずは上記3つを整理し、自己PRを構成しましょう。