自己PRが書けない時の対処法

転職活動をする上で必ず必要になる自己PR文。なかなか自分の強みがわからなかったり、自分の強みに自信がもてなかったりして、中々作成が捗らない方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、そんな時に役立つコラムです。

まずはどこでつまづいているのか整理する

どうして自己PRを書くことができないのかまずはしっかりと整理してみましょう。よくある例は下記の通りです。

自己PRに何を書けばいいのかわからない場合

自己PRは、大きく分けて二つの要素で構成されています。一つ目が自分の強みのアピールです。自分がどのような強みを持っているのかを採用担当者に知ってもらうことで、他の応募者にはない特徴や特性をアピールするための要素です。2つ目の要素はその強みがどのように応募先企業に足して貢献できるかということです。いくら自分の強みを発信しても、応募先の企業が求めているような力でなければ、採用されることは難しいでしょう。企業は、入社してから活躍してくれると思う人材に内定を出します。そのため、採用側に入社後に活躍できるイメージが具体的に想像できるように、強みをどのようにその会社で生かすことができるのかを説明します。

参考記事 自己PRを書く前に知っておきたいこと

自分の強みがわからない場合

自己分析やキャリアの棚卸しは行いましたか?自分の強みを見つけるためには、事前準備が必要となります。まだこれらを行っていない人は、まずは自己分析にとりかかってみましょう。

参考記事 転職を成功に導くための自己分析の方法とは?

自己分析をしても強みが見つからない場合

ピーアールと言われると、自分自身の魅力をアピールしなくてはならないと大きく捉えているのではないでしょうか?自己PRは自分自身の特徴を説明しそれが会社でどのように貢献できるのかを伝えることで、他の応募者との違いを伝える項目です。気負わず、まずは自分がどのような特徴を持ち、それをどのように応募先企業で生かすことができるのかを考えてみましょう。

自分の強みに自信がない場合

自分の強みが普遍的だと感じたり、エピソードが他の応募者達と違って弱く平凡なものであると感じているのではないでしょうか。自己PRは強みやそれに付随したエピソードを披露するだけでなく、それらがどう応募先企業にマッチしているかや、それらを活用してどう企業に貢献するのかをアピールする場です。自信がない場合には、自分の強みが応募先企業でどのように役に立つのかという点に的を絞って考えてみるのも良いでしょう。

自分の強みを裏付けるエピソードがない場合

自分の強みだけを記載するだけでは自己PRとしては不足してしまいますが、自分の強みを自分自身で理解できていればあと一歩です。どのようなタイミングで自分自身の強みを生かすことができたのか、活用することができたのかをプロジェクトごとや年単位に区切って振り返ってみましょう。社会人としての経験の中でのエピソードがベストですが、第二新卒などできちんとした実績がない場合には、社会人経験だけでなく、学生時代のエピソードを合わせて二部構成でエピソードを紹介すると説得力のある文章となります。

困ったら専門家に相談を

中々自己PRが書けない時には専門家であるキャリアアドバイザーに相談することも考えましょう。自己PRが書けないからという理由で応募に踏み切れない場合には、是非一度ポテリクにご相談ください

ポテリクでは密な連絡を通して、相談者様の強みや希望を把握し、ピンポイントで求人をご紹介してまいります。それらへの応募に必要な書類の作成は、ポテリクがしっかりとサポートをさせていただきますので、是非一度ご相談ください。