【好印象を与える】履歴書にふさわしい証明写真の撮り方

履歴書の必須項目の一つでもある証明写真。どのような写真がふさわしいのでしょうか?

撮影する前に押さえておきたい基本ルール

使用できる写真は撮影から3か月以内のもの

履歴書で使用できる写真は撮影から3か月以内のものです。それより前の写真だと、髪型や体形の変化によって印象が変わってしまう可能性があるからです。

背景は白色または水色

背景は必ず白や水色を選択することが好ましいです。最近では、様々なカラーバリエーションをそろえている場合もありますが、上記の2色から選択するほうが無難です。

サイズは縦4cm×3cm

履歴書の写真添付欄は基本的に縦4cm×3cmの写真がぴったりと添付できるように作成されていますので、この大きさに合わせて印刷をするようにしましょう。また、誤って別のサイズで印刷してしまっても写真を切って調整するなどはせず、印刷し直すようにしましょう。

服装はスーツで

私服は必ず避け、スーツを着用します。男性はシャツのボタンを全てとめ、ネクタイを着用します。夏だからといってジャケットを羽織らないのはNGです。女性の場合にはブラウスを着用します。ブラウスの型は自分の好みのものを選んで良いですが、胸元が開きすぎているとだらしない印象を与えてしまうので気を付けましょう。

服装

服装は面接で着用するスーツと同じようなものを着用し、私服や派手なスーツは避けます。 スーツを持っていない場合には、面接時に必要となる可能性が高いので購入しましょう。

参考記事 ビジネススーツの選び方【男性編】ビジネススーツの選び方【女性編】

メイク

メイクをしていない写真は履歴書の写真としてふさわしくないので、ナチュラルメイクを意識し、健康的な顔色になるようにしましょう。ただし、肌トラブルが気になる場合にはファンデーションを厚くしたり、コンシーラーを利用したりして臨機応変に対応しましょう。また、顔が皮脂でテカらぬように撮影前にティッシュや油取り紙を利用しましょう。

髪型

下記の髪型は履歴書の証明写真としてはふさわしくありませんので、気を付けましょう。

寝ぐせや無造作ヘア

寝ぐせは撮影前にきちんと直すようにしましょう。だらしない印象を与えてしまいます。また、無造作ヘアも手入れをしていない印象を与えるので避けるようにし、清潔感のある髪型となるよう心がけます。

ワックスでガチガチに固めた髪型

ワックスで軽く髪をセットすることは適切な対処となりますが、不自然なほど固められた髪型は履歴書の写真には適しません。

前髪が目や眉にかかっている

前髪が長く目や眉にかかってしまう場合には横に流すか分けるなどし、清潔感がでるように心がけ増しょう。

ロングヘアの場合には襟を隠さないように注意

ロングヘアの方は髪の毛をまとめるか後ろに流すようにしましょう。髪で襟元が隠れてしまう写真は良くありません。

適切な写真のチェックポイント

取り終えたら、履歴書にふさわしい写真か、一度下記のことを確認してみましょう。

  • カメラ目線になっている
  • 目線が上目遣いや見下ろす目線になっていない
  • 髪が目にかかっていない
  • 口を閉じている
  • ピンと背筋を伸ばしている
  • 服装は整っている

さいごに

いかがでしたでしょうか。面接前のあなたの印象を伝えるものは履歴書に添付する証明写真です。加工しすぎは良くありませんが、採用担当者が「会ってみたい」と思えるような好印象の写真を使うようにしましょう。