履歴書はミスなく仕上げよう!手書きである必要はない!

履歴書は手書きとパソコン作成どっちがいいの?

転職活動で必ず必要となる履歴書。最近では、多くの企業で作成方法に指定があるわけではありませんが、このような場合には、手書きかパソコンでの作成かどちらかが正解ということは基本的にありません。ただし、企業からの指定があれば、それに従うようにしましょう

とはいえ、どちらの方法で作成するか迷っているという場合におすすめするのはパソコンでの作成です。パソコン作成は手書きよりも一枚当たりの作成時間が短くなる傾向があるため、求職者にとっては負担が減るためです。ただし、しきたりなどを重んじる会社では、手書きの履歴書の方が真剣度が高いとみなす場合や、手書きの文字には人柄がでるという考えを持っている場合もあるため、応募する会社の社風にあわせましょう。

パソコンで作成するメリットは?

パソコンで作成する場合、さまざまなメリットがありますが、最も重要なポイントは時短につながるということです。一度大まかに作成すれば、提出する企業によって自己PRや志望動機部分に変更を加えるだけで完成するため、一枚一枚手書きで作成するよりも時間をかけずにすみます。また、書き損じといったことがおこらないことも時間の短縮が可能な要因の一つです。特に、在職した状態で転職活動を行う場合、転職活動に充てられる時間は限られていますので、パソコンで作成する方が効率的でしょう。ただし、一枚一枚にかける時間が短くなるため、別企業向けに書いた自己PRを変更し忘れたまま送信してしまうなどのうっかりミスの確率が上がります。送信前に一度履歴書全体をすみずみまで確認することをおすすめします。

手書きの場合心がけるポイントは?

手書きで提出する場合は、字の美しさや全体のバランスを心がけましょう。特に、手書きの文字には人となりが現れているという考えをもつ企業も多いため、美しい字で書くことが好ましいでしょう。ですから企業から特に指定がない場合、字の美しさに自信がない人はパソコン作成を選択したほうが無難でしょう。一方で、字の美しさに自信がある人は、アピールポイントの一つを表すために手書きを選択することもよいでしょう。

ただし、手書きで作成する場合は修正ペンなどの使用はできないので、書き損じした場合は一から書き直しとなるため注意が必要です。 また、手書きで履歴書を作成する場合は必ず黒いボールペンを使用しましょう。ただし、履歴書は正式な文書であるため、こすると消えるボールペン等での作成は控えましょう。

さいごに

パソコン作成にも手書きでの作成にもメリットが存在しています。しかし、フォーマット以上に重要なことは、ミスのない完璧な履歴書に仕上げることです。履歴書にミスがあった場合、それだけでも落とされてしまう可能性がぐっと上昇します。自分にとってどちらのフォーマットがよりミスを防げるのか、それも一つ重要な選択材料となります。

ポテリクでは履歴書・職務経歴書の作成からサポートしておりますので気軽にお問合せください。