第二新卒の職務経歴書の書き方

転職を決意して職務経歴書のフォーマットを確認したけど、第二新卒の自分には書けることがないと感じている方向けに第二新卒でも書きやすい内容をまとめました。

そもそも職務経歴書とは

職務経歴書は、就活をする際には提出しなかった書類の一つかと思います。職務経歴書は履歴書とは違い、これまでの社会人としての経験をまとめた書類になります。そのため、採用担当者は、職務経歴書を通して前職や現職でどのようなポジションで活躍し、どのような結果を残したのかをチェックしています。とはいえ、第二新卒の場合には、大きな成果を残したかどうかというよりも、ポテンシャルを重視した採用となることが多いので、これまでの社会人経験の中で大きな結果を残していないからといって何も書けないわけではありません。職務経歴書全体の書き方についてはこちらをご確認ください。

参考記事 はじめての転職で心がけること

第二新卒としてアピールできること

上記でも説明した通り、職務経歴書ではこれまでの仕事での成果や実績をアピールすることが、内定獲得に向けて大変重要になってきます。しかし、第二新卒の場合には、大きな成果を残す前に転職活動をしている方も多いかと思います。そのような場合でも、いくつか積極的にアピールできることがありますので、ご紹介します。

業務で工夫した点で、特に上司に褒めてもらった事

仕事をする中で、効率や正確性を考え、自分自身で工夫して取り組んだ事が様々あると思います。その中でも、上司や先輩から評価された事は積極的にアピールしたいポイントです。特に他の人から評価されたというエピソードは、採用担当側からすると、客観的事実が含まれており説得力のあるアピールポイントとなります。どんなに小さい事でも構いませんので、まずは上司や先輩、または取引先の方などから取り組んだ結果褒められたことがないか探してみましょう。

OJTで学んだ事の中で業務に活かせた事

OJTを経験した場合には、OJTで学んだ事を実務で活かした経験は多々あるかと思います。これらをアピールすることは、OJT中に自分自身で意欲的に学び、それらをすぐに実戦で活かすことができるというアピールに繋がります。採用担当者側からするとこのようなエピソードは、たとえ実践経験が少ないとはいえ、学んだことを即座に業務に活かすことのできる人材と感じ、入社後に活躍するビジョンが描きやすくなります。学習したことをしっかりとアウトプットできることは、誰もができることではありません。しかし、中途で採用する場合には、新卒入社の方への教育時間よりも短い時間で業務に慣れてもらわなければなりません。そのため、もしOJTを経験した場合には、そこで学んだ事を実践でいかせたという経験は積極的にアピールしていきましょう。

研修で学んだ事

新人研修等で学んだ事も大切なアピールポイントです。特に、新卒入社と第二新卒の最も大きな違いは、基本的なビジネスマナーを実践できるかどうかです。第二新卒枠で採用をする企業の多くは、第二新卒世代が前職で大きな成果を残すことが難しいということはわかっている前提で採用を行っています。第二新卒に求められていることの一つは、基礎的なビジネスマナーとポテンシャルです。そのため、新人研修で学んだこともアピールポイントの一つとなります。ただし、その場合には、面接日程の調整メールや、面接の場でしっかりとビジネスマナーがあるかどうかを一挙手一投足が見られていると思って下さい。

第二新卒としての転職をするならポテリクで

このサイトを運営するポテリクでは、第二新卒を中心として転職支援サービスを展開しております。特に第二新卒の方の場合には、初めての転職活動であるかと思います。ポテリクでは、専任のエージェントが求人のご紹介だけでなく、職務経歴書や履歴書の添削や、丁寧な面接対策であなたの転職が納得のいくものとなるようサポートさせて頂きます。初めての転職を二人三脚で乗り越えるなら、まずはポテリクにご相談ください。