そもそも第二新卒とは

第二新卒とは

第二新卒という言葉に厳密な定義はありませんが、一般的に「学校を卒業後、一度就職についたが何かしらの理由で数年以内に転職活動をする若手求職者(主に20代)」を指します。

ポテリクでは就業経験が3年以内の人材を第二新卒と定義しています。
※20代とは言え、数回転職経験がある場合は第二新卒の定義から外れる場合があります。

第二新卒の場合の転職活動

一般的な転職とエントリーする入口やスケジュールは変わりません。 新卒の就職活動とは異なりますので理解しながら進めて行きましょう。

第二新卒の強みはあるのか

採用する企業はポテンシャルを見込んでの採用になります。 多くの企業が若手社員の採用に関しては積極的です。もちろん経験も大事ですが、入社後しっかりと活躍出来そうな人材なのかという観点で採用(ポテンシャル採用)をしていきます。

また、1社経験していることで少なからず社会人としての基礎が備わっていることも強みになってきます。 社会人経験が少ない分、転職先の企業カルチャーに柔軟に対応できるという点は魅力的なポイントです。

参考記事 企業はなぜ第二新卒を採用するのか

第二新卒で転職活動する場合の注意点

一人で抱え込まずに相談できる人を見つけましょう。 本当に転職すべきなのか、転職するとしたどのような企業が合っているのか、そもそもどんな企業にエントリーできるのか、など。

初めての転職の悩みの種は尽きません。 一人で考え込んでしまうと今の仕事に支障をきたす場合もあるので、転職経験のある友人や第二新卒に特化したエージェントに相談するのが先決です。